Facebook Google Plus Twitter LinkedIn YouTube RSS メニュー 検索 出典 - ブログ 出典 - ウェビナー出典 - レポート出典 - イベントicons_066 icons_067icons_068icons_069icons_070

Tenable ブログ

ブログ通知を受信する

Log4Shell に対するホットパッチにより Amazon Web Services に脆弱性が生じる

Log4Shell に対するホットパッチにより Amazon Web Services に脆弱性が生じる

Amazon Web Services は、脆弱性「Log4Shell」対策として 12 月にリリースされたホットパッチにより生じた脆弱性を修正しました。

背景

4 月 19 日、Palo Alto の Unit 42 の研究者は、CVE-2021-44228 (Log4Shell) 対策として Amazon Web Services (AWS) が提供したホットパッチに 4 件の脆弱性が含まれていることを開示しました。以下の CVE が割り当てられていますが、CVE-2022-0070 と CVE-2022-0071 は、2021 年 12 月に最初に開示された脆弱性、CVE-2021-3100 と CVE-2021-3101 は CVE-2022-0070 と CVE-2022-0071 を対処するためのパッチで発見された脆弱性に対して割り当てられたものです。

CVE 説明/対策 CVSSv3
CVE-2021-3100 Apache Log4j ホットパッチサービスを悪用して権限を昇格させる脆弱性 8.8
CVE-2021-3101 ホットパッチソリューション Hotdog を悪用して権限を昇格させる脆弱性 8.8
CVE-2022-0070 ホットパッチサービスを悪用して権限を昇格させる脆弱性 8.8
CVE-2022-0071 ホットパッチソリューション Hotdog を悪用して権限を昇格させる脆弱性 (不完全な修正) 8.8

分析

12 月 12 日、脆弱性「Log4Shell」対策として、AWS はオープンソースのホットパッチをリリースしました。これは、より堅牢な修正されたバージョンがデプロイされるまで大規模に実装できる短期的な緩和プログラムで、さまざまな環境に適用できます。これらのホットパッチは、脆弱な Java アプリケーションを検出し、「オンザフライ」でパッチを適用します。

Unit 42 の研究者によると、スタンドアロンサーバー、Kubernetes クラスタ、Elastic Container Service (ECS) クラスタ、Fargate の Log4Shell に対応するために開発されたホットパッチソリューションには、「深刻なセキュリティ問題」が含まれていました。これらのホットパッチは、AWS 環境に限らず他のクラウド環境やオンプレミス環境にも適用できます。

これらの脆弱性は、「[ホットパッチが適用された] 環境のすべてのコンテナ」で悪用され、コンテナエスケープに悪用されたり、ホストを危険にさらす可能性があります。また、この脆弱性により、実行する権限のないプロセスで権限を昇格させ、root としてコードを実行させることができます。脆弱性は設定に依存せず、ほとんどの AWS 環境で悪用される可能性があります。

解決策

以下は、ホットパッチソリューションの概要です。

ソリューション 修正済みバージョン リリース
Amazon Linux (AMI) 1.1-16 log4j-cve-2021-44228-hotpatch
Kubernetes 1.1-16 kubernetes-log4j-cve-2021-44228-node-agent Daemonset
Bottlerocket 1.02 hotdog-v1.0.2

影響を受けているシステムの特定

これらの脆弱性を識別する Tenable プラグインのリストは、こちらからご覧いただけます。

Tenable.cs のユーザーは、Open Policy Agent Rego を使用して kubernetes-log4j-cve-2021-44228-node-agent ホットパッチデーモンセットを介して脆弱な Kubernetes デプロイメントを検出できます。Rego は画像のバージョンをチェックします。「v0.0.12-debian」の場合は、対応する configmap を見つけて、daemonset ジョブがクラスタにインストールする実際のパッケージバージョンをチェックします。Tenable.cs が修正バージョン (1.1-16) を検出しない場合、製品はアラートを表示します。

詳細情報

Tenable コミュニティの Tenable セキュリティレスポンスチームに参加してみませんか。

最新のアタックサーフェスを総合的に管理する Tenable、初の Cyber Exposure Platform の詳細情報をご覧ください。

今すぐ Tenable.io Vulnerability Management の 30 日間無料トライアルをお試しください。

関連記事

最新のサイバー攻撃に対する不安はないですか?

下にメールアドレスをご記入ください。最新の情報が確認できる Cyber Exposure アラートがインボックスに送信されます。

tenable.io

30 日間無料


最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

tenable.io 購入

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入

Nessus Professional を無料で試す

7 日間無料

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

Nessus Professionalを購入する

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。拡張サポートを追加すると、24 時間x365 日、電話、コミュニティ、チャットサポートにアクセスできます。

ライセンスをお選びください

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。

サポートとトレーニングを追加

Tenable.io を 30 日間無料でお試しください

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

Tenable.io を購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入

Tenable.io Web Application Scanningを試す

30 日間無料

Tenable.ioプラットフォームの一部として最新のアプリケーション用に設計された、最新のウエブアプリケーションのスキャンサービスの全機能にアクセス可能です。手作業による労力や重大なウエブアプリケーションの中断なしに、脆弱性のオンラインポートフォリオを安全に高精度でスキャンします。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.io Web Application Scanningを購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

5 FQDN

3,578ドル

今すぐ購入

Tenable.io Container Securityを試す

30 日間無料

脆弱性管理プラットフォームに統合された唯一のコンテナセキュリティ製品の全機能にアクセス可能です。コンテナイメージの脆弱性、マルウェア、ポリシー違反を監視継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI / CD)システムと統合し、DevOps プラクティス、セキュリティ強化、および企業のポリシーコンプライアンスをサポートします。

Tenable.io Container Securityを購入する

Tenable.ioのContainer Securityは、ビルドプロセスと統合することにより、コンテナイメージのセキュリティ(脆弱性、マルウェア、ポリシー違反など)を可視化し、シームレスかつ安全なDevOpsプロセスを実現します。

Tenable Lumin を試用する

30 日間無料

Tenable Lumin を使用して、Cyber Exposure を可視化および調査し、リスクの軽減を追跡し、競合他社に対してベンチマークしましょう。

Tenable Lumin を購入する

Tenableの担当者にお問い合わせいただき、組織全体に対するインサイトを得て、サイバーリスクを管理する上で Lumin がいかに役立つかについて、Tenable の営業担当者までお問い合わせください。

Tenable.cs を試してみる

30 日間無料で Tenable.cs にフルアクセス。クラウドインフラの設定ミスを、ソフトウェア開発ライフサイクルの設計、構築、実行時を通じて検出して修正できます。

Tenable.cs を購入する

クラウドセキュリティについてもっと詳しく、コードからクラウドまでの各段階でセキュリティを確保できるか、営業担当にお問い合わせください。