Oracle Java SE の複数の脆弱性 (2022 年 4 月 CPU) 廃止

high Nessus プラグイン ID 159975

概要

このプラグインは廃止されました。

説明

このプラグインは廃止されており、oracle_java_cpu_2022_apr.nasl に置き換えられます。これは、Java Oracle 2022 年 4 月 CPU の windows および unix の両方のサポートをカバーします。

ソリューション

該当なし。

関連情報

https://www.oracle.com/a/tech/docs/cpuapr2022cvrf.xml

https://www.oracle.com/security-alerts/cpuapr2022.html#AppendixJAVA

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 159975

ファイル名: oracle_java_cpu_apr_2022.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2022/4/20

更新日: 2022/5/17

構成: 徹底的なチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-21496

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-21476

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:jre, cpe:/a:oracle:jdk

必要な KB アイテム: SMB/Java/JRE/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/4/19

脆弱性公開日: 2022/4/19

参照情報

CVE: CVE-2022-21426, CVE-2022-21434, CVE-2022-21443, CVE-2022-21449, CVE-2022-21476, CVE-2022-21496

IAVA: 2022-A-0170