Facebook Google+ Twitter LinkedIn YouTube RSS メニュー 検索 Resource - BlogResource - WebinarResource - ReportResource - Eventicons_066 cyberexposure-icon-warning icons_068icons_069icons_070

セキュリティ保証

 

成功を定義します。リスクを特定します。プログラムの有効性を評価します。

サイバーセキュリティは今日の組織における最優先課題です。業務やITの幹部は、セキュリティ プログラムの有効性(なぜセキュリティへの投資が行われているか、それらの投資がビジネス全般の健全性にどう役立っているか)について、ITチームがどのように評価し、報告するか知りたがっています。

セキュリティ保証について詳しく知る  ▶

Tenable SecurityCenter Continuous View®(SecurityCenter CV™)を使用すると、ビジネス目標に直結する意義深いセキュリティ メトリクスを作成できます。この関連データを用意して、業務やITの幹部に以下を提供できます。

  • 組織のセキュリティ態勢の高度な可視化
  • セキュリティ要件、企業ポリシー、業界規制がすべて効果的に評価されていることの保証
  • セキュリティへの投資が効果的でビジネス イニシアチブをサポートしているという確認と確信

ソリューションストーリーを読む

Tenable SecurityCenter CVでは、セキュリティ メトリクスをビジネス目標に関連付けてセキュリティの有効性を評価できます。

今すぐ読む

メトリクス ベースのアプローチでセキュリティプログラムを評価

SecurityCenter

SecurityCenter Continuous Viewは、セキュリティ態勢の継続的な適応と改善によって組織を保護するために必要な情報を配信します。複数のセンサーからデータを収集し、脆弱性や脅威、ネットワークトラフィック、イベント情報に関する高度な分析機能を提供して、ネットワーク環境全体のITセキュリティの継続的なビューを提供します。事前構築された細かいカスタマイズが可能な組み込みダッシュボードとレポート、そして業界唯一のAssurance Report Card®(ARC)によって、セキュリティプログラムの有効性を可視化、評価、分析できるため、セキュリティ保証の実証が簡素化されます。

デモをリクエストする

明確なビジネス
インサイト

ARCはセキュリティ メトリクスをビジネス目標に関連付けます。組み込みのARCは、米国国立標準技術研究所Cybersecurity Frameworkなどの業界標準に準拠しているので、セキュリティとコンプライアンスの要件を、幹部が理解しやすい用語と言葉で説明できます。

コミュニケーションの向上

レポート カードにはセキュリティ プログラムと投資の有効性が表示されるので、業務部門や技術部門の幹部に簡単に進捗状況を伝え、欠陥を指摘できます。

信頼できるメトリクス

アクティブ スキャン、エージェント スキャン、ホスト データ監視のユニークな組み合わせ、サードパーティ システムとの統合、継続的なリスニングによって、インフラストラクチャ全体のセキュリティとコンプライアンスを評価するための信頼できるデータが手に入ります。

継続的な可視化

パッチの管理、モバイルデバイスの管理、その他の主要セキュリティ システムから得たセキュリティ データを統合して、企業全体のセキュリティの有効性を示す詳細なビューをリアルタイムで提供します。