OracleVM 3.4:xen(OVMSA-2020-0027)(廃止予定)

medium Nessus プラグイン ID 138415
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

このプラグインは廃止されました。

説明

リモートOracleVMシステムに、重大なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチが、欠落しています:

- BUILDINFO:OVMF commit=173bf5c847e3ca8b42c11796ce048d8e2e916ff8

- BUILDINFO:xen commit=077233184260bd831e7c4afdd4aebb0bced6ee32

- BUILDINFO:QEMUアップストリーム commit=8bff6989bd0bafcc0ddf859c23ce6a2ff21a80ff

- BUILDINFO:QEMU従来型 commit=6e676a4ba6bbd437a2a8dbfc3c6e591d920b013b

- BUILDINFO:IPXE commit=9a93db3f0947484e30e753bbd61a10b17336e20e

- BUILDINFO:SeaBIOS commit=7d9cbe613694924921ed1a6f8947d711c5832eee

- x86/vtd: SandyBridge IOMMUに対するスーパーページサポートを非表示(Andrew Cooper氏)[Orabug:31366846] (CVE-2018-12207) (CVE-2018-12207)

- BUILDINFO:OVMF commit=173bf5c847e3ca8b42c11796ce048d8e2e916ff8

- BUILDINFO:xen commit=4cfb88a0f248605ca655e0609f0650c4563be653

- BUILDINFO:QEMUアップストリーム commit=8bff6989bd0bafcc0ddf859c23ce6a2ff21a80ff

- BUILDINFO:QEMU従来型 commit=6e676a4ba6bbd437a2a8dbfc3c6e591d920b013b

- BUILDINFO:IPXE commit=9a93db3f0947484e30e753bbd61a10b17336e20e

- BUILDINFO:SeaBIOS commit=7d9cbe613694924921ed1a6f8947d711c5832eee

- x86/spec-ctrl: RDRAND / RDSEED機能の非表示化を許可(Andrew Cooper氏)[Orabug: 31470704] (CVE-2020-0543) (CVE-2020-0543)

- cirrus: cirrus_invalidate_regionでネガティブな提案を処理します(Wolfgang Bumiller氏)[Orabug:
31476272] (CVE-2017-18030)

- cirrus: mode4and5書き込み関数のoobアクセスを修正(Gerd Hoffmann氏)[Orabug: 31476272] (CVE-2017-15289)

- BUILDINFO:OVMF commit=173bf5c847e3ca8b42c11796ce048d8e2e916ff8

- BUILDINFO:xen commit=3206f3109cfd432d6e5bbffbcc9839f5b8ed1e44

- BUILDINFO:QEMUアップストリーム commit=8bff6989bd0bafcc0ddf859c23ce6a2ff21a80ff

- BUILDINFO:QEMU従来型 commit=346fdd7edd73f8287d0d0a2bab9c67b71bc6b8ba

- BUILDINFO:IPXE commit=9a93db3f0947484e30e753bbd61a10b17336e20e

- BUILDINFO:SeaBIOS commit=7d9cbe613694924921ed1a6f8947d711c5832eee

- x86/spec-ctrl: 特別なレジスタのバッファデータサンプリングのサイドチャネルを緩和します(Andrew Cooper氏)[Orabug: 31470704] (CVE-2020-0543) (CVE-2020-0543)

- x86/spec-ctrl: 特殊レジスターバッファデータサンプリング用のCPUID / MSR定義(Andrew Cooper氏)[Orabug:
31470704] (CVE-2020-0543) (CVE-2020-0543)

- BUILDINFO:OVMF commit=173bf5c847e3ca8b42c11796ce048d8e2e916ff8

- BUILDINFO:xen commit=0bef1944b340a7ec3e93a20b472effa654f5ee16

- BUILDINFO:QEMUアップストリーム commit=8bff6989bd0bafcc0ddf859c23ce6a2ff21a80ff

- BUILDINFO:QEMU従来型 commit=346fdd7edd73f8287d0d0a2bab9c67b71bc6b8ba

- BUILDINFO:IPXE commit=9a93db3f0947484e30e753bbd61a10b17336e20e

- BUILDINFO:SeaBIOS commit=7d9cbe613694924921ed1a6f8947d711c5832eee

- x86/crash: kexecのクラッシュの印刷の前にコンソールのロック解除を強制します(Igor Druzhinin氏)[Orabug: 31255931]

- BUILDINFO:OVMF commit=173bf5c847e3ca8b42c11796ce048d8e2e916ff8

- BUILDINFO:xen commit=69a58ac753bd61961615f9208f8e1ee5ce946538

- BUILDINFO:QEMUアップストリーム commit=8bff6989bd0bafcc0ddf859c23ce6a2ff21a80ff

- BUILDINFO:QEMU従来型 commit=346fdd7edd73f8287d0d0a2bab9c67b71bc6b8ba

- BUILDINFO:IPXE commit=9a93db3f0947484e30e753bbd61a10b17336e20e

- BUILDINFO:SeaBIOS commit=7d9cbe613694924921ed1a6f8947d711c5832eee

-redtape:x86/tsx: TAA回帰(Patrick Colp氏)[Orabug: 31240359]

このセキュリティアドバイザリは、2020/07/16にOracleVMにより撤回されました。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/oraclevm-errata/2020-July/000990.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 138415

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2020-0027.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2020/7/14

更新日: 2020/7/17

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-0543

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.1

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 2.1

Temporal Score: 1.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:xen, p-cpe:/a:oracle:vm:xen-tools, cpe:/o:oracle:vm_server:3.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/7/13

脆弱性公開日: 2017/10/16

参照情報

CVE: CVE-2017-15289, CVE-2017-18030, CVE-2018-12207, CVE-2020-0543