Amazon Linux 2:containerd (ALAS-2022-016)

high Nessus プラグイン ID 158725

概要

リモートのAmazon Linux 2ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされているcontainerdのバージョンは1.4.6-3より前のものです。したがって、ALAS2DOCKER-2022-016のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

-containerdは、シンプルさ、堅牢性、およびポータビリティに重点を置いたオープンソースのコンテナランタイムです。
containerd にバグが見つかりました。コンテナ root ディレクトリおよび一部のプラグインが十分に制限されていない権限があり、権限のない Linux ユーザーがディレクトリの内容をトラバースしてプログラムを実行する可能性があります。コンテナに拡張権限ビット (setuid など) のある実行可能プログラムが含まれている場合、権限のない Linux ユーザーがそれらのプログラムを発見して実行する可能性があります。ホスト上の権限のない Linux ユーザーの UID がコンテナ内のファイル所有者またはグループと競合すると、ホスト上の権限のない Linux ユーザーがこれらのファイルを検出、読み取り、変更する可能性があります。この脆弱性は、containerd 1.4.11およびcontainerd1.5.7で修正されました。ユーザーは、リリースされたときにこれらのバージョンに更新する必要があり、この脆弱性を緩和するためにコンテナを再起動するか、ディレクトリ権限を更新する可能性があります。アップグレードできないユーザーは、ホストへのアクセスを信頼できるユーザーに制限する必要があります。コンテナバンドルディレクトリのディレクトリ権限を更新してください。(CVE-2021-41103)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

「yum update containerd」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALASDOCKER-2022-016.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2021-41103.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 158725

ファイル名: al2_ALAS-2022-016.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/3/9

更新日: 2022/5/2

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-41103

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:containerd, p-cpe:/a:amazon:linux:containerd-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:containerd-stress, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/3/7

脆弱性公開日: 2021/10/4

参照情報

CVE: CVE-2021-41103

ALAS: 2022-016