openSUSE セキュリティ更新:4789 (4789-1)(deprecated)

critical Nessus プラグイン ID 89721
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

このプラグインは廃止予定になっています。

説明

Chromium がバージョン 49.0.2623.75 に更新され、以下のセキュリティ問題が修正されました(boo#969333):

- CVE-2016-1630:Blink での同一生成元バイパス

- CVE-2016-1631:Pepper プラグインでの同一生成元バイパス

- CVE-2016-1632:Extensions での不適切なキャスト

- CVE-2016-1633:Blink の use-after-free

- CVE-2016-1634:Blink の use-after-free

- CVE-2016-1635:Blink の use-after-free

- CVE-2016-1636:SRI 検証のバイパス

- CVE-2015-8126:libpng での領域外アクセス

- CVE-2016-1637:Skia での情報漏洩

- CVE-2016-1638:WebAPI のバイパス

- CVE-2016-1639:WebRTC での use-after-free

- CVE-2016-1640:Extensions UI での生成元混合

- CVE-2016-1641:Favicon での use-after-free

- CVE-2016-1642:内部監査、ファジング、その他のイニシアチブからの様々な修正

- 4.9 ブランチ(現在 4.9.385.26)の最初に修正された V8 の複数の脆弱性

このプラグインは、openSUSE-2016-664.nasl、プラグイン ID 90107 に名称変更されました。

ソリューション

該当なし

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=969333

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 89721

ファイル名: suse_42_1_4789-160306.nasl

バージョン: Revision: 2.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/3/7

更新日: 2016/3/24

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:chromedriver, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromedriver-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-desktop-gnome, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-desktop-kde, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-ffmpegsumo, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-ffmpegsumo-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:42.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2016/3/6

参照情報

CVE: CVE-2015-8126, CVE-2016-1630, CVE-2016-1631, CVE-2016-1632, CVE-2016-1633, CVE-2016-1634, CVE-2016-1635, CVE-2016-1636, CVE-2016-1637, CVE-2016-1638, CVE-2016-1639, CVE-2016-1640, CVE-2016-1641, CVE-2016-1642