openSUSEセキュリティ更新プログラム:libressl(openSUSE-2017-561)

medium Nessus プラグイン ID 100043

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

このlibresslのバージョン2.5.1への更新では、次の問題が修正されます:

これらのセキュリティの問題が修正されました:

- CVE-2016-0702:冪剰余に対するサイドチャネル攻撃を阻止します(boo#968050)。

- CVE-2016-7056:署名時にECDSA秘密キーを漏洩させる可能性があるサイドチャネルキャッシュタイミング攻撃を回避します(boo#1019334)。

以下のセキュリティ以外の問題が、修正されました。

- 長さが0の暗号化セッションデータを早期に検出します

- Curve25519キー交換のサポート。

- 証明書検証のための代替チェーンのサポート。

- MD5+SHA1ハッシュ用のEVPインターフェイスを追加しました

- サーバーが証明書リクエストを送信する際のDTLSクライアントの失敗を修正しました。

- SSLv2チャレンジをSSLv3/TLS接続にアップグレードする際のパディングの処理を修正しました。

- libtls内のTLS構成オブジェクトでプロトコルと暗号を設定できるようにしました。

その他の変更については、変更ログを参照してください。

ソリューション

影響を受ける libressl パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1019334

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=968050

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 100043

ファイル名: openSUSE-2017-561.nasl

バージョン: 3.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/5/9

更新日: 2021/1/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 2.1

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:libcrypto41, p-cpe:/a:novell:opensuse:libcrypto41-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libcrypto41-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libcrypto41-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libressl, p-cpe:/a:novell:opensuse:libressl-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libressl-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:libressl-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:libressl-devel-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libssl43, p-cpe:/a:novell:opensuse:libssl43-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libssl43-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libssl43-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libtls15, p-cpe:/a:novell:opensuse:libtls15-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libtls15-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libtls15-debuginfo-32bit, cpe:/o:novell:opensuse:42.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2017/5/8

参照情報

CVE: CVE-2016-0702, CVE-2016-7056