OracleVM 3.3/3.4:bind(OVMSA-2017-0100)

high Nessus プラグイン ID 100090

概要

リモートのOracleVMホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracleVMシステムには、重大なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチがありません:- CNAMEに遭遇するDNSKEYを修正(#1447869、ISC change 3391)- CVE-2017-3136(ISC change 4575)の修正 - CVE-2017-3137(ISC change 4578)の修正 - DNAMEの前のCNAMEのキャッシュを修正しテスト(ISC change 4558)- CVE-2016-9147(ISC change 4510)の修正 - CVE-2016-8864(ISC change 4530)に導入された回帰を修正 - namedの再起動前のSELinuxコンテキストを復元 - chrootにディレクトリがすでにある場合/libまたは/lib64のみを使用 - NSSライブラリパターンを強化し、chrootマウントパスをエスケープ -(CVE-2016-8864)の修正 - chrootでlib権限を変更しない(#1321239)- chrootでWKSレコードをサポート(#1297562)- docsにパッチバックアップを含めない(fixes #1325081 patch)- バックポートされた[RT #39567](#1259923)の関連パーツ - ISC_SOCKET_MAXEVENTSを2048に増加(#1326283)- nsupdateスクリプトの複数のレルムをアップストリームのように修正(#1313286)- nsupdateスクリプトの複数レルムを修正(#1313286)- すべてのフォワーダを回復するのに十分な高さでresolver-query-timeoutを使用(#1325081)

ソリューション

影響を受けるbind-libs/bind-utilsパッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/oraclevm-errata/2017-May/000692.html

https://oss.oracle.com/pipermail/oraclevm-errata/2017-May/000693.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 100090

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2017-0100.nasl

バージョン: 3.8

タイプ: local

公開日: 2017/5/10

更新日: 2021/1/4

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:bind-libs, p-cpe:/a:oracle:vm:bind-utils, cpe:/o:oracle:vm_server:3.3, cpe:/o:oracle:vm_server:3.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/5/9

脆弱性公開日: 2016/11/2

参照情報

CVE: CVE-2016-8864, CVE-2016-9147, CVE-2017-3136, CVE-2017-3137