Apple TV < 10.2.1の複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 100256
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートApple TVデバイスは、複数の脆弱性による影響を受けます。

説明

バナーによると、リモートデバイスのApple TVのバージョンは10.2.1より前です。そのため、複数の脆弱性の影響を受けます。- WebKit Web Inspectorコンポーネントにメモリ破損の問題があるため、認証されていないリモートの攻撃者が任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-2499)-Kernelコンポーネントに詳細不明な競合状態があるため、ローカルの攻撃者がカーネルレベルの権限で任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-2501)- ユーザーが入力した情報が不適切にサニタイズされるため、情報漏えいの脆弱性がCoreAudioコンポーネントにあります。ローカルの攻撃者がこれを悪用し、制限されたメモリのコンテンツを読み取る可能性があります。(CVE-2017-2502)- WebKit Editorコマンド処理時のロジックの欠陥に起因し、WebKitにユニバーサルクロスサイトスクリプティング(XSS)という脆弱性があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工されたWebページを介して、ユーザーのブラウザーセッションで任意のスクリプトコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-2504)- 特定の入力が不適切に検証されているため、WebKitに複数のメモリ破損の問題があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれらを悪用して、任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-2505、CVE-2017-2515、CVE-2017-2521、CVE-2017-2530、CVE-2017-2531、CVE-2017-6980、CVE-2017-6984)- 特定の入力が不適切にサニタイズされるため、複数の情報漏えいの脆弱性がKernelコンポーネントにあります。ローカルの攻撃者がこれらを悪用し、制限されたメモリのコンテンツを読み取る可能性があります。(CVE-2017-2507、CVE-2017-6987)- SQLクエリを処理するときに、use-after-freeエラーがSQLiteコンポーネントにあります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、すでに解放されたメモリをデリファレンスして、任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-2513)-特定の入力が不適切に検証されているため、複数のバッファオーバーフロー状態がQLiteコンポーネントにあります。認証されていないリモートの攻撃者が、特別に細工されたSQLクエリを介し、任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-2518、CVE-2017-2520)- SQLクエリを処理するときに、メモリ破損の問題がSQLiteコンポーネントにあります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工されたクエリで任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-2519)- 特別に細工されたデータを解析するときに、詳細不明なメモリ破損の問題がTextInputコンポーネントにあります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-2524)- RenderLayerオブジェクトを処理するとき、WebKitにuse-after-freeエラーがあります。認証されていないリモートの攻撃者がこの問題を悪用し、特別に細工されたWebページを介してすでに解放されたメモリをデリファレンスすることで任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-2525)-詳細不明な欠陥がWebKitに複数存在し、認証されていないリモートの攻撃者が特別に細工されたWebコンテンツを使用してメモリを破損し、任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-2536)- フレームローディング処理時のロジックエラーに起因し、WebKitにユニバーサルクロスサイトスクリプティング(XSS)という脆弱性があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工されたWebページを介して、ユーザーのブラウザーセッションで任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-2549)-IOSurfaceコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、ローカルの攻撃者がカーネルレベルの権限でメモリを壊したり、任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2017-6979)-AVEVideoEncoderコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、ローカルの攻撃者が特別に細工されたアプリケーションを利用し、カーネルレベルの権限でメモリを壊したり、任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2017-6989)-ユーザー入力の検証が不適切なため、CoreTextコンポーネントにサービス拒否の脆弱性があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工されたファイルを介し、アプリケーションをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2017-7003)-ユーザー入力の検証が不適切なため、JavaScriptCoreコンポーネントにメモリ破損の問題があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工されたWebサイトを介し、サービス拒否状態を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2017-7005) 脆弱性の影響を受けるのは第4世代モジュールのみです。

ソリューション

Apple TVをバージョン10.2.1以降にアップグレードしてください。この更新プログラムは第4世代モデルでのみ利用可能です。

関連情報

https://support.apple.com/en-us/HT207801

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 100256

ファイル名: appletv_10_2_1.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2017/5/17

更新日: 2019/11/13

依存関係: appletv_version.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2017-6989

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 7.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:apple:apple_tv

必要な KB アイテム: AppleTV/Version, AppleTV/Model, AppleTV/URL, AppleTV/Port

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/5/15

脆弱性公開日: 2017/5/15

参照情報

CVE: CVE-2017-2499, CVE-2017-2501, CVE-2017-2502, CVE-2017-2504, CVE-2017-2505, CVE-2017-2507, CVE-2017-2513, CVE-2017-2515, CVE-2017-2518, CVE-2017-2519, CVE-2017-2520, CVE-2017-2521, CVE-2017-2524, CVE-2017-2525, CVE-2017-2530, CVE-2017-2531, CVE-2017-2536, CVE-2017-2549, CVE-2017-6979, CVE-2017-6980, CVE-2017-6984, CVE-2017-6987, CVE-2017-6989, CVE-2017-7003, CVE-2017-7005

BID: 98454, 98455, 98456, 98457, 98468, 98473