FreeBSD: samba -- リモートコード実行の脆弱性(6f4d96c0-4062-11e7-b291-b499baebfeaf)(SambaCry)

critical Nessus プラグイン ID 100393

言語:

概要

リモートのFreeBSDホストに1つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

sambaプロジェクトによる報告:

書き込み可能な共有からのリモートコードの実行。

3.5.0以降のSambaのすべてのバージョンは、リモートコードの実行の脆弱性に対して脆弱です。これにより、悪意のあるクライアントが共有ライブラリを書き込み可能な共有にアップロードし、サーバーにそのライブラリをロードして実行させる可能性があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2017-7494.html

http://www.nessus.org/u?a5b50c71

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 100393

ファイル名: freebsd_pkg_6f4d96c0406211e7b291b499baebfeaf.nasl

バージョン: 3.13

タイプ: local

公開日: 2017/5/25

更新日: 2021/1/4

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.3

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:samba42, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:samba43, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:samba44, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:samba45, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:samba46, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/5/24

脆弱性公開日: 2017/5/24

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (Samba is_known_pipename() Arbitrary Module Load)

参照情報

CVE: CVE-2017-7494