RHEL 6:samba4(RHSA-2017:1271)(SambaCry)

critical Nessus プラグイン ID 100401

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

Samba4の更新プログラムが、Red Hat Enterprise Linux 6で利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高と評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。SambaはSMB(Server Message Block)プロトコルまたはCIFS(Common Internet File System)プロトコルのオープンソース実装であり、これを使用するとPC互換機がファイル、プリンター、その他の情報を共有できるようになります。セキュリティ修正プログラム:* リモートでコードが実行される欠陥がSambaに見つかりました。samba共有への書き込みアクセス権を持つ悪意のある認証されたsambaクライアントは、この欠陥を利用して任意のコードをrootとして実行する可能性があります。(CVE-2017-7494)Red Hatは、この問題を報告してくれたSambaプロジェクトに感謝の意を表します。アップストリームは、steelo氏を最初の報告者として認識しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2017-7494.html

https://access.redhat.com/security/vulnerabilities/3034621

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2017:1271

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-7494

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 100401

ファイル名: redhat-RHSA-2017-1271.nasl

バージョン: 3.18

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/5/25

更新日: 2019/10/24

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.3

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:samba4, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:samba4-client, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:samba4-common, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:samba4-dc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:samba4-dc-libs, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:samba4-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:samba4-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:samba4-libs, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:samba4-pidl, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:samba4-python, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:samba4-test, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:samba4-winbind, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:samba4-winbind-clients, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:samba4-winbind-krb5-locator, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/5/24

脆弱性公開日: 2017/5/30

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (Samba is_known_pipename() Arbitrary Module Load)

参照情報

CVE: CVE-2017-7494

RHSA: 2017:1271