openSUSEセキュリティ更新プログラム:ImageMagick(openSUSE-2017-686)

high Nessus プラグイン ID 100799

言語:

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

このImageMagick用の更新プログラムでは、次の問題が修正されています。修正されたセキュリティ問題:

修正されたセキュリティ問題:

- CVE-2017-6502:特別に細工されたwebpファイルを介して発生する可能性があるlibmagickcore内の潜在的なfile-descriptorの漏洩(bsc#1028075)。

- CVE-2017-7943:svg.cのReadSGIImage関数により、リモート攻撃者が、細工されたファイルを介して、大量の使用可能なメモリを消費する可能性がありました(bsc#1034870)。これは、組み込みのSVG実装にのみ影響を与えることに注意してください。
弊社ではlibrsgv実装を使用しているため、影響を受けません。

- CVE-2017-7942:avs.cのReadAVSImage関数により、リモート攻撃者が、細工されたファイルを介して、大量の使用可能なメモリを消費する可能性がありました(bsc#1034872)。

- CVE-2017-7941:sgi.cのReadSGIImage関数により、リモート攻撃者が、細工されたファイルを介して、大量の使用可能なメモリを消費する可能性がありました(bsc#1034876)。

- CVE-2017-8351:ImageMagick、GraphicsMagick:細工されたファイル(pcd.cのReadPCDImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036986)。

- CVE-2017-8352:細工されたファイル(xwd.cのReadXWDImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036987)

- CVE-2017-8349:細工されたファイル(sfw.cのReadSFWImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036984)

- CVE-2017-8350:細工されたファイル(png.cのReadJNGImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036985)

- CVE-2017-8347:細工されたファイル(exr.cのReadEXRImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036982)

- CVE-2017-8348:細工されたファイル(mat.cのReadMATImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036983)

- CVE-2017-8345:細工されたファイル(png.cのReadMNGImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036980)

- CVE-2017-8346:細工されたファイル(dcm.cのReadMATImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036981)

- CVE-2017-8353:細工されたファイル(pict.cのReadPICTImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036988)

- CVE-2017-8354:細工されたファイル(bmp.cのReadBMPImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036989)

- CVE-2017-8830:細工されたファイル(bmp.c:1379のReadBMPImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1038000)

- CVE-2017-7606:細工された画像を介したサービス拒否(アプリケーションクラッシュ)または詳細不明なその他の影響(bsc#1033091)

- CVE-2017-8765:細工されたICONファイル(coders\icon.cのReadICONImage)を介したメモリリークの脆弱性(bsc#1037527)

- CVE-2017-8356:細工されたファイル(sun.cのReadSUNImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036991)

- CVE-2017-8355:細工されたファイル(mtv.cのReadMTVImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036990)

- CVE-2017-8344:細工されたファイル(pcx.cのReadPCXImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036978)

- CVE-2017-8343:細工されたファイル(aai.cのReadAAIImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036977)

- CVE-2017-8357:細工されたファイル(ept.cのReadEPTImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036976)

- CVE-2017-9098:ReadRLEImage RLEデコーダ-機能コーダ/ rle.c で初期化されていないメモリ使用量(bsc#1040025)

- CVE-2017-9141:coders/dds.cのReadDDSImage関数でチェックが欠落していたため、サービス拒否(アサーション)を引き起こす可能性がありました(bsc#1040303)

- CVE-2017-9142:coders/png.cのReadOneJNGImage関数でチェックが欠落していたため、サービス拒否(アサーション)を引き起こす可能性がありました(bsc#1040304)

- CVE-2017-9143:coders/art.cのReadARTImage関数で細工された.artファイルを介したサービス拒否攻撃の可能性(bsc#1040306)

- CVE-2017-9144:細工されたRLE画像により、coders/rle.cのクラッシュがトリガーされ、サービス拒否(クラッシュ)につながる可能性があります(bsc#1040332)

この更新はSUSEからインポートされました:SLE-12:更新プロジェクトを更新します。

ソリューション

影響を受けるImageMagickパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1028075

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1033091

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1034870

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1034872

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1034876

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1036976

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1036977

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1036978

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1036980

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1036981

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1036982

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1036983

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1036984

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1036985

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1036986

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1036987

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1036988

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1036989

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1036990

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1036991

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1037527

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1038000

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1040025

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1040303

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1040304

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1040306

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1040332

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 100799

ファイル名: openSUSE-2017-686.nasl

バージョン: 3.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/6/15

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.1

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-devel-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-extra, p-cpe:/a:novell:opensuse:ImageMagick-extra-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-6_q16-3, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-6_q16-3-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-6_q16-3-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-6_q16-3-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:libmagick%2b%2b-devel-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickCore-6_Q16-1, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickCore-6_Q16-1-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickCore-6_Q16-1-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickCore-6_Q16-1-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickWand-6_Q16-1, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickWand-6_Q16-1-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickWand-6_Q16-1-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libMagickWand-6_Q16-1-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:perl-PerlMagick, p-cpe:/a:novell:opensuse:perl-PerlMagick-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:42.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2017/6/14

参照情報

CVE: CVE-2017-6502, CVE-2017-7606, CVE-2017-7941, CVE-2017-7942, CVE-2017-7943, CVE-2017-8343, CVE-2017-8344, CVE-2017-8345, CVE-2017-8346, CVE-2017-8347, CVE-2017-8348, CVE-2017-8349, CVE-2017-8350, CVE-2017-8351, CVE-2017-8352, CVE-2017-8353, CVE-2017-8354, CVE-2017-8355, CVE-2017-8356, CVE-2017-8357, CVE-2017-8765, CVE-2017-8830, CVE-2017-9098, CVE-2017-9141, CVE-2017-9142, CVE-2017-9143, CVE-2017-9144