RHEL 6:カーネル(RHSA-2017:1488)(Stack Clash)

high Nessus プラグイン ID 100898
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

カーネルの更新プログラムが、Red Hat Enterprise Linux 6.6 Advanced Update SupportおよびRed Hat Enterprise Linux 6.6 Telco Extended Update Supportで利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高と評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。カーネルパッケージにはLinuxオペレーティングシステムのコアであるLinuxカーネルが含まれています。セキュリティ修正プログラム:* ユーザー空間のバイナリ用スタックにメモリを割り当てている方法に欠陥が見つかりました。ヒープ(または異なるメモリ領域)とスタックメモリ領域が互いに隣接している場合、攻撃者はこの欠陥を使用してスタックガードギャップを飛び越し、プロセススタックまたは隣接メモリ領域の制御されたメモリ破損を発生させ、システム上でそれらの権限を増やす可能性があります。これはカーネル側の軽減策で、スタックガードギャップサイズを1ページから1MiBに増加させ、この問題の悪用を困難にします。(CVE-2017-1000364、重要度高)* n_hdlc.tbufリストにアクセスするときに二重解放が発生する可能性がある競合状態の欠陥が、N_HLDC Linuxカーネルドライバーに見つかりました。ttyデバイスでHDLC回線制御を設定できる、権限のないローカルユーザーがこの欠陥を使用して、システムでの自分の権限を増やす可能性があります。(CVE-2017-2636、重要度高)Red Hatは、CVE-2017-1000364を報告してくれたQualys Research LabsとCVE-2017-2636を報告してくれたAlexander Popov氏に感謝の意を表します。バグ修正プログラム:*以前は、kdumpメカニズムがカーネルパニック時にvmalloc_sync_all()関数によってロックを取得しようとしていました。そのため、デッドロックが発生し、クラッシュカーネルが起動しませんでした。この更新によりvmalloc_sync_all()関数が修正され、クラッシュしているCPU上でvmalloc領域を同期させないようになりました。その結果、crashkernelパラメーターが想定どおりに起動し、前述の状況でカーネルダンプが正常に収集されるようになりました。(BZ#1443497)* 以前は、mcelogデーモンが膨大なページメモリをオフラインで実行するとき、カーネルパニックが発生しました。この更新によりLinuxカーネルのHugeTLB機能が修正され、page_check_address()関数のページテーブルエントリ(PTE)NULLポインターをチェックします。その結果、前述の状況でカーネルパニックが発生することはなくなりました。(BZ#1444349)* 以前は、vmw_pvscsiアボートハンドラーのバグにより、vmw_pvscsiドライバーが最も成功したアボートをFAILEDとして報告していました。この更新によりハンドラーを修正し、成功したアボートがFAILEDとして報告されなくなりました。(BZ#1442966)

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/security/vulnerabilities/stackguard

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2017:1488

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-1000364

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-1000379

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-2636

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 100898

ファイル名: redhat-RHSA-2017-1488.nasl

バージョン: 3.23

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/6/20

更新日: 2019/10/24

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-firmware, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:perf, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:perf-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python-perf, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python-perf-debuginfo, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6.6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/6/19

脆弱性公開日: 2017/3/7

エクスプロイト可能

Metasploit (rsh_stack_clash_priv_esc.rb)

参照情報

CVE: CVE-2017-1000364, CVE-2017-1000379, CVE-2017-2636

RHSA: 2017:1488