SUSE SLES11セキュリティ更新プログラム:ImageMagick(SUSE-SU-2017:1599-1)

critical Nessus プラグイン ID 100908

言語:

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

このImageMagick用の更新プログラムでは、次の問題が修正されます。以下のセキュリティの問題が修正されました。

- CVE-2017-7941:sgi.cのReadSGIImage関数により、リモート攻撃者が、細工されたファイルを介して、大量の使用可能なメモリを消費する可能性がありました(bsc#1034876)。

- CVE-2017-8351:ImageMagick、GraphicsMagick:細工されたファイル(pcd.cのReadPCDImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036986)。

- CVE-2017-8352:細工されたファイル(xwd.cのReadXWDImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036987)

- CVE-2017-8349:細工されたファイル(sfw.cのReadSFWImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036984)

- CVE-2017-8350:細工されたファイル(png.cのReadJNGImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036985)

- CVE-2017-8345:細工されたファイル(png.cのReadMNGImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036980)

- CVE-2017-8346:細工されたファイル(dcm.cのReadMATImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036981)

- CVE-2017-8353:細工されたファイル(pict.cのReadPICTImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036988)

- CVE-2017-8830:細工されたファイル(bmp.c:1379のReadBMPImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1038000)

- CVE-2017-7606:細工された画像を介したサービス拒否(アプリケーションクラッシュ)または詳細不明なその他の影響(bsc#1033091)

- CVE-2017-8765:細工されたICONファイル(coders\icon.cのReadICONImage)を介したメモリリークの脆弱性(bsc#1037527)

- CVE-2017-8355:細工されたファイル(mtv.cのReadMTVImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036990)

- CVE-2017-8344:細工されたファイル(pcx.cのReadPCXImage関数)を介したサービス拒否(メモリリーク)(bsc#1036978)

- CVE-2017-9098:ReadRLEImage RLEデコーダ-機能コーダ/ rle.c で初期化されていないメモリ使用量(bsc#1040025)

- CVE-2017-9141:coders/dds.cのReadDDSImage関数でチェックが欠落していたため、サービス拒否(アサーション)を引き起こす可能性がありました(bsc#1040303)

- CVE-2017-9142:coders/png.cのReadOneJNGImage関数でチェックが欠落していたため、サービス拒否(アサーション)を引き起こす可能性がありました(bsc#1040304)

- CVE-2017-9143:coders/art.cのReadARTImage関数で細工された.artファイルを介したサービス拒否攻撃の可能性(bsc#1040306)

- CVE-2017-9144:細工されたRLE画像により、coders/rle.cのクラッシュがトリガーされ、サービス拒否(クラッシュ)につながる可能性があります(bsc#1040332)

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

このSUSEセキュリティ更新をインストールするには、YaST online_updateを使用してください。
別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE Linux Enterpriseソフトウェア開発キット11-SP4:zypper in -t patch sdksp4-ImageMagick-13152=1

SUSE Linux Enterprise Server 11-SP4:zypper in -t patch slessp4-ImageMagick-13152=1

SUSE Linux Enterprise Debuginfo 11-SP4:zypper in -t patch dbgsp4-ImageMagick-13152=1

お使いのシステムを最新の状態にするには、「zypper パッチ」を使用してください。

関連情報

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1033091

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1034870

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1034872

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1034876

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1036976

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1036978

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1036980

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1036981

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1036983

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1036984

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1036985

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1036986

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1036987

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1036988

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1036989

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1036990

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1037527

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1038000

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1040025

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1040303

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1040304

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1040306

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1040332

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2014-9846/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-10050/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-7606/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-7941/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-7942/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-7943/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-8344/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-8345/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-8346/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-8348/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-8349/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-8350/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-8351/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-8352/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-8353/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-8354/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-8355/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-8357/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-8765/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-8830/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-9098/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-9141/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-9142/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-9143/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-9144/

http://www.nessus.org/u?693ab236

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 100908

ファイル名: suse_SU-2017-1599-1.nasl

バージョン: 3.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/6/20

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:libMagickCore1, cpe:/o:novell:suse_linux:11

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/6/19

脆弱性公開日: 2017/3/20

参照情報

CVE: CVE-2014-9846, CVE-2016-10050, CVE-2017-7606, CVE-2017-7941, CVE-2017-7942, CVE-2017-7943, CVE-2017-8344, CVE-2017-8345, CVE-2017-8346, CVE-2017-8348, CVE-2017-8349, CVE-2017-8350, CVE-2017-8351, CVE-2017-8352, CVE-2017-8353, CVE-2017-8354, CVE-2017-8355, CVE-2017-8357, CVE-2017-8765, CVE-2017-8830, CVE-2017-9098, CVE-2017-9141, CVE-2017-9142, CVE-2017-9143, CVE-2017-9144