ISC BIND 9.x.x < 9.9.10-P1/9.10.x < 9.10.5-P1/9.11.x < 9.11.1-P1の複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 100996

概要

リモートのネームサーバーは複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョン番号によると、リモートネームサーバーで実行されているISC BINDのインスタンスは、9.9.10-P1より前の9.x.x、9.10.5-P1より前の9.10.x、または9.11.1-P1より前の9.11.xです。したがって、以下の複数の脆弱性による影響を受けます。- 応答ポリシーゾーン(RPZ)ルールタイプの処理時に、サービス拒否の脆弱性があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工されたクエリを介して、サーバーの機能を低下させる無限ループ状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-3140)- 引用符で囲まれていないサービスパスを使用しているため、権限昇格の脆弱性がWindowsのBINDインストーラーにあります。ローカルの攻撃者がこれを悪用し、ホストファイルシステムのアクセス許可で許可されている場合、昇格した権限を取得する可能性があります。Windows以外のビルドとインストールは影響を受けません。(CVE-2017-3141)

ソリューション

ISC BINDバージョン9.9.10-P1/9.9.10-S2/9.10.5-P1/9.10.5-S2/9.11.1-P1以降にアップグレードしてください。注意:BIND 9バージョン9.9.10-S2と9.10.5-S2は、資格のあるISCサポート顧客のみが利用可能です。

関連情報

https://kb.isc.org/docs/aa-01495

https://kb.isc.org/docs/aa-01496

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 100996

ファイル名: bind9_9111_p1.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: remote

ファミリー: DNS

公開日: 2017/6/22

更新日: 2019/11/13

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2017-3141

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:isc:bind

必要な KB アイテム: bind/version, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/6/14

脆弱性公開日: 2017/6/4

参照情報

CVE: CVE-2017-3140, CVE-2017-3141

BID: 99088, 99089

EDB-ID: 42121