Apache 2.2.x < 2.2.34の複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 101787

概要

リモートのWebサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

バナーによると、リモートホストで実行しているApacheのバージョンは、2.2.34より前の2.2.xです。したがって、次の脆弱性の影響を受けます。- サードパーティーのモジュールが認証フェーズ以外でap_get_basic_auth_pw()関数を使用しているため、認証バイパスの脆弱性がhttpdにあります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、認証要求をバイパスする可能性があります。(CVE-2017-3167)- HTTPSポートへのHTTPリクエスト中にサードパーティモジュールがmod_ssl ap_hook_process_connection()関数を呼び出すときにトリガーされるNULLポインターのデリファレンスの欠陥により、サービス拒否の脆弱性がhttpdにあります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、サービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-3169)- 特別に細工されたリクエストヘッダーシーケンスを処理するときにトリガーされるap_find_token()関数の領域外読み取りエラーのため、サービス拒否の脆弱性がhttpdにあります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、サービスをクラッシュさせたり、ap_find_token()に誤った値を返させたりする可能性があります。(CVE-2017-7668)- 特別に細工されたコンテンツタイプのレスポンスヘッダーを処理するときにトリガーされるmod_mimeの領域外読み取りエラーのため、サービス拒否の脆弱性がhttpdにあります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、秘密情報を漏えいしたり、サービス拒否状態を引き起こしたりする可能性があります。(CVE-2017-7679)- mod_finity_digestが連続するkey=valueを割り当てる前かその間に、「Digest」タイプの[Proxy-]Authorizationヘッダーの値プレースホルダーを初期化またはリセットできないため、サービス拒否の脆弱性がhttpdにあります。認証されていないリモートの攻撃者がこの脆弱性を悪用し、「=」割り当てのないイニシャルキーを提供して秘密情報を漏えいしたり、サービス拒否状態を引き起こしたりする可能性があります。(CVE-2017-9788)Nessusはこれらの問題をテストしていませんが、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号のみに依存しています。

ソリューション

Apacheバージョン2.2.34以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://archive.apache.org/dist/httpd/CHANGES_2.2.34

https://httpd.apache.org/security/vulnerabilities_22.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 101787

ファイル名: apache_2_2_34.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2017/7/18

更新日: 2018/9/17

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2017-3167

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:apache:http_server, cpe:/a:apache:httpd

必要な KB アイテム: installed_sw/Apache

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/7/11

脆弱性公開日: 2017/7/11

参照情報

CVE: CVE-2017-3167, CVE-2017-3169, CVE-2017-7668, CVE-2017-7679, CVE-2017-9788

BID: 99134, 99135, 99137, 99170, 99569