MySQL 5.7.x < 5.7.19の複数の脆弱性(2017年7月CPU)(2017年10月CPU)(2019年7月CPU)

medium Nessus プラグイン ID 101821

概要

リモートのデータベースサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行されているMySQLのバージョンは、5.7.19より前の5.7.xです。したがって、以下の複数の脆弱性の影響を受けます。- UDFコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されていないリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-3529)- Memcachedコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されていないリモートの攻撃者が整合性と可用性に影響を与える可能性があります。(CVE-2017-3633)- DMLコンポーネントに複数の詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-3634、CVE-2017-3639、CVE-2017-3640、CVE-2017-3641、CVE-2017-3643、CVE-2017-3644、CVE-2017-10296)- Connector/CおよびC APIコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-3635)- X Pluginコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-3637)- Optimizerコンポーネントに複数の詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-3638、CVE-2017-3642、CVE-2017-3645、CVE-2017-10279)- Replicationコンポーネントに複数の詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-3647、CVE-2017-3649)- Charsetsコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-3648)- C APIコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されていないリモートの攻撃者が秘密情報を漏えいさせる可能性があります。(CVE-2017-3650)- Client mysqldumpコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者が整合性に影響を及ぼす可能性があります。(CVE-2017-3651)- DDLコンポーネントに複数の詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者が機密性と整合性に影響を及ぼす可能性があります。(CVE-2017-3652、CVE-2017-3653)- OpenSSL Encryptionコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されていないリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-3731)- Stored Procedureコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-10284)- InnoDBコンポーネントに詳細不明な欠陥があり、認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こしたり、MySQLデータベースの内容を変更したりする可能性があります。(CVE-2017-10365)Nessusはこれらの問題をテストしていませんが、その代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号のみに依存していることに、注意してください。

ソリューション

MySQLバージョン5.7.19以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/5.7/en/news-5-7-19.html

http://www.nessus.org/u?76f5def7

http://www.nessus.org/u?1e07fa0e

http://www.nessus.org/u?d520c6c8

https://support.oracle.com/rs?type=doc&id=2307762.1

http://www.nessus.org/u?322067e2

http://www.nessus.org/u?8e9f2a38

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 101821

ファイル名: mysql_5_7_19.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: remote

ファミリー: Databases

公開日: 2017/7/19

更新日: 2019/7/18

構成: パラノイドモードの有効化

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2017-3633

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:mysql

必要な KB アイテム: Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/7/18

脆弱性公開日: 2017/7/18

参照情報

CVE: CVE-2017-3529, CVE-2017-3633, CVE-2017-3634, CVE-2017-3635, CVE-2017-3637, CVE-2017-3638, CVE-2017-3639, CVE-2017-3640, CVE-2017-3641, CVE-2017-3642, CVE-2017-3643, CVE-2017-3644, CVE-2017-3645, CVE-2017-3647, CVE-2017-3648, CVE-2017-3649, CVE-2017-3650, CVE-2017-3651, CVE-2017-3652, CVE-2017-3653, CVE-2017-3731, CVE-2017-10279, CVE-2017-10284, CVE-2017-10296, CVE-2017-10365, CVE-2019-2730

BID: 95813, 99722, 99729, 99730, 99746, 99748, 99753, 99765, 99767, 99772, 99775, 99778, 99779, 99783, 99789, 99796, 99799, 99802, 99805, 99808, 99810, 101316, 101373, 101385, 101429