EMC RSA Authentication Manager <8.2 SP1 Patch 1のトークンプロファイル名の格納型XSS(ESA-2017-068)

medium Nessus プラグイン ID 101846

概要

リモートホストで実行されているアプリケーションは、クロスサイトスクリプティングの脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行しているEMC RSA Authentication Managerのバージョンは、8.2 SP1 Patch 1(8.2.1.1)より前です。したがって、ユーザーに返す前にトークンプロファイルの名前への入力を適切に検証しないため、格納型クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性の影響を受けます。認証されたリモートの攻撃者がこれを悪用して、特別に細工されたリクエストを通じて、ユーザーのブラウザセッションで任意のスクリプトコードを実行できます。

ソリューション

EMC RSA Authentication Managerをバージョン8.2 SP1 Patch 1(8.2.1.1)以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://seclists.org/fulldisclosure/2017/Jul/25

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 101846

ファイル名: emc_rsa_am_8_2_sp1_p1.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses : XSS

公開日: 2017/7/20

更新日: 2019/11/12

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 3.5

Temporal Score: 3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2017-8000

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.8

Temporal Score: 4.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:H/UI:R/S:C/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:emc:rsa_authentication_manager, cpe:/a:rsa:authentication_manager

必要な KB アイテム: www/emc_rsa_am

エクスプロイトの容易さ: No exploit is required

パッチ公開日: 2017/6/1

脆弱性公開日: 2017/7/11

参照情報

CVE: CVE-2017-8000

BID: 99572