Oracle Linux 6/7:Unbreakable Enterprise Kernel(ELSA-2017-3595)

critical Nessus プラグイン ID 102059

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 6/7ホストに、ELSA-2017-3595アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

-Linux drivers/char/lp.c領域外書き込み。境界チェックがないため、またparport_ptr整数が静的であるため、「セキュアブート」カーネルコマンドラインを利用する攻撃者
(Google Nexus 6CVE-2016-10277のなど、脆弱性が原因で攻撃者がコマンドラインのコントロールを部分的に掌握できるブートローダーの脆弱性により発生する可能性があります)は、多数(>LP_NO)の「lp=none」引数をコマンドラインに付加することで、parport_nr配列をオーバーフローさせる可能性があります。(CVE-2017-1000363)

-4.11.5より前のLinuxカーネル内のsound/core/timer.cがALSA/dev/snd/timerドライバーのデータ競合に対して脆弱なため、ローカルユーザーが、他のユーザーに属している情報を読み取れる可能性があります。つまり、readとioctlが同時に発生したときに、初期化されていないメモリコンテンツが開示される可能性があります。
(CVE-2017-1000380)

-4.11.1までのLinuxカーネルのnet/ipv6/tcp_ipv6.cのtcp_v6_syn_recv_sock関数がインヘリタンスを誤って処理するため、細工されたシステムコールを通じてローカルユーザーがサービス拒否を引き起こしたり、詳細不明な他の影響を引き起こしたりする可能性があります。これはCVE-2017-8890に関する問題です。(CVE-2017-9077)

-4.9.4より前のLinuxカーネル3.2および4.xにおけるdrivers/hid/hid-cypress.cのcp_report_fixup関数により、物理的に近接する攻撃者が細工されたHIDレポートを介して、サービス拒否(整数アンダーフロー)を引き起こしたり、詳細不明な他の影響を与えたりする可能性があります。(CVE-2017-7273)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2017-3595.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 102059

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2017-3595.nasl

バージョン: 3.15

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/7/31

更新日: 2021/9/8

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2017-9077

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.8

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:6, cpe:/o:oracle:linux:7, p-cpe:/a:oracle:linux:dtrace-modules-4.1.12-94.5.7.el6uek, p-cpe:/a:oracle:linux:dtrace-modules-4.1.12-94.5.7.el7uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-firmware

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/7/27

脆弱性公開日: 2017/3/27

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (AF_PACKET packet_set_ring Privilege Escalation)

参照情報

CVE: CVE-2017-7273, CVE-2017-7308, CVE-2017-7477, CVE-2017-7645, CVE-2017-7895, CVE-2017-8890, CVE-2017-9059, CVE-2017-9077, CVE-2017-1000363, CVE-2017-1000364, CVE-2017-1000380