Juniper Junos libgdの圧縮GD2データRCE(JSA10798)

critical Nessus プラグイン ID 102073

概要

リモートのデバイスは、リモートでコードが実行される脆弱性による影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョン番号によると、リモートのJuniper Junosデバイスは、ユーザー指定の入力が不適切に検証されるため、圧縮されたGD2データを処理するときに、付属のGDグラフィックライブラリ(libgd)にある整数符号エラーによる影響を受けます。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工された圧縮GD2データを介してヒープベースのバッファオーバーフローを引き起こし、サービス拒否状態を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。

ソリューション

JuniperセキュリティアドバイザリJSA10798で参照されている該当のJunosソフトウェアリリースにアップグレードしてください。

関連情報

https://kb.juniper.net/InfoCenter/index?page=content&id=JSA10798

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 102073

ファイル名: juniper_jsa10798.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: combined

公開日: 2017/7/31

更新日: 2018/7/13

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:juniper:junos

必要な KB アイテム: Host/Juniper/JUNOS/Version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/7/12

脆弱性公開日: 2016/4/21

参照情報

CVE: CVE-2016-3074

BID: 87087

JSA: JSA10798

EDB-ID: 39736