Oracle Linux 7:tcpdump(ELSA-2017-1871)

high Nessus プラグイン ID 102287
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 5.9

概要

リモートのOracle Linuxホストにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

出典: Red Hatセキュリティアドバイザリ2017:1871:tcpdumpの更新がRed Hat Enterprise Linux 7用に入手可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度中として評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。tcpdumpパッケージには、ネットワークトラフィックを監視するtcpdumpユーティリティが含まれています。tcpdumpユーティリティは、特定のネットワークインターフェイスまたはすべてのインターフェイス上のパケットヘッダーを取得することができます。次のパッケージが新しいアップストリームバージョンにアップグレードされました:tcpdump(4.9.0)(BZ#1422473)セキュリティ修正プログラム:* tcpdumpで複数の領域外読み取りと整数のオーバーフローの脆弱性がさまざまなプロトコルの解読に影響していることが判明しました。攻撃者は細工されたpcapファイルを作成するか、tcpdumpがライブキャプチャモード(-wなし)で実行されているネットワークセグメントに特別に細工されたパケットを送信することで、不適切なデータを表示させたり、クラッシュさせたり、無限ループに入らせたりする可能性があります。(CVE-2015-0261、CVE-2015-2153、CVE-2015-2154、CVE-2015-2155、CVE-2016-7922、CVE-2016-7923、CVE-2016-7924、CVE-2016-7925、CVE-2016-7926、CVE-2016-7927、CVE-2016-7928、CVE-2016-7929、CVE-2016-7930、CVE-2016-7931、CVE-2016-7932、CVE-2016-7933、CVE-2016-7934、CVE-2016-7935、CVE-2016-7936、CVE-2016-7937、CVE-2016-7938、CVE-2016-7939、CVE-2016-7940、CVE-2016-7973、CVE-2016-7974、CVE-2016-7975、CVE-2016-7983、CVE-2016-7984、CVE-2016-7985、CVE-2016-7986、CVE-2016-7992、CVE-2016-7993、CVE-2016-8574、CVE-2016-8575、CVE-2017-5202、CVE-2017-5203、CVE-2017-5204、CVE-2017-5205、CVE-2017-5341、CVE-2017-5342、CVE-2017-5482、CVE-2017-5483、CVE-2017-5484、CVE-2017-5485、CVE-2017-5486)Red Hatは、CVE-2016-7922、CVE-2016-7923、CVE-2016-7924、CVE-2016-7925、CVE-2016-7926、CVE-2016-7927、CVE-2016-7928、CVE-2016-7929、CVE-2016-7930、CVE-2016-7931、CVE-2016-7932、CVE-2016-7933、CVE-2016-7934、CVE-2016-7935、CVE-2016-7936、CVE-2016-7937、CVE-2016-7938、CVE-2016-7939、CVE-2016-7940、CVE-2016-7973、CVE-2016-7974、CVE-2016-7975、CVE-2016-7983、CVE-2016-7984、CVE-2016-7985、CVE-2016-7986、CVE-2016-7992、CVE-2016-7993、CVE-2016-8574、CVE-2016-8575、CVE-2017-5202、CVE-2017-5203、CVE-2017-5204、CVE-2017-5205、CVE-2017-5341、CVE-2017-5342、CVE-2017-5482、CVE-2017-5483、CVE-2017-5484、CVE-2017-5485、CVE-2017-5486を報告してくれたTcpdumpプロジェクトに感謝の意を表します。追加の変更:このリリースの変更に関する詳細については、「参照」セクションからリンクされているRed Hat Enterprise Linux 7.4リリースノートを参照してください。

ソリューション

影響を受けるtcpdumpパッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2017-August/007078.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 102287

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2017-1871.nasl

バージョン: 3.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/8/9

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: High

VPR スコア: 5.9

CVSS v2.0

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:tcpdump, cpe:/o:oracle:linux:7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/8/8

脆弱性公開日: 2015/3/24

参照情報

CVE: CVE-2015-0261, CVE-2015-2153, CVE-2015-2154, CVE-2015-2155, CVE-2016-7922, CVE-2016-7923, CVE-2016-7924, CVE-2016-7925, CVE-2016-7926, CVE-2016-7927, CVE-2016-7928, CVE-2016-7929, CVE-2016-7930, CVE-2016-7931, CVE-2016-7932, CVE-2016-7933, CVE-2016-7934, CVE-2016-7935, CVE-2016-7936, CVE-2016-7937, CVE-2016-7938, CVE-2016-7939, CVE-2016-7940, CVE-2016-7973, CVE-2016-7974, CVE-2016-7975, CVE-2016-7983, CVE-2016-7984, CVE-2016-7985, CVE-2016-7986, CVE-2016-7992, CVE-2016-7993, CVE-2016-8574, CVE-2016-8575, CVE-2017-5202, CVE-2017-5203, CVE-2017-5204, CVE-2017-5205, CVE-2017-5341, CVE-2017-5342, CVE-2017-5482, CVE-2017-5483, CVE-2017-5484, CVE-2017-5485, CVE-2017-5486

RHSA: 2017:1871