Oracle Linux 7:カーネル(ELSA-2017-1842-1)(Stack Clash)

critical Nessus プラグイン ID 102511
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートのOracle Linuxホストに、カーネルパッケージのセキュリティ更新がありません。

ソリューション

影響を受けるカーネルパッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2017-August/007125.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 102511

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2017-1842-1.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/8/16

更新日: 2021/6/3

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:kernel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools-libs, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools-libs-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:perf, p-cpe:/a:oracle:linux:python-perf, cpe:/o:oracle:linux:7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/8/15

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (AF_PACKET packet_set_ring Privilege Escalation)

参照情報

CVE: CVE-2014-7970, CVE-2015-8970, CVE-2016-10088, CVE-2016-10147, CVE-2016-10200, CVE-2016-10208, CVE-2016-3713, CVE-2016-6213, CVE-2016-6828, CVE-2016-7042, CVE-2016-7097, CVE-2016-7117, CVE-2016-7910, CVE-2016-8630, CVE-2016-8645, CVE-2016-8646, CVE-2016-8650, CVE-2016-8655, CVE-2016-9083, CVE-2016-9084, CVE-2016-9555, CVE-2016-9576, CVE-2016-9588, CVE-2016-9604, CVE-2016-9685, CVE-2016-9793, CVE-2016-9806, CVE-2017-1000364, CVE-2017-2583, CVE-2017-2596, CVE-2017-2618, CVE-2017-2636, CVE-2017-2647, CVE-2017-2671, CVE-2017-5970, CVE-2017-5986, CVE-2017-6001, CVE-2017-6074, CVE-2017-6214, CVE-2017-6353, CVE-2017-6951, CVE-2017-7187, CVE-2017-7308, CVE-2017-7477, CVE-2017-7616, CVE-2017-7645, CVE-2017-7889, CVE-2017-7895, CVE-2017-8890, CVE-2017-9074, CVE-2017-9075, CVE-2017-9076, CVE-2017-9077

IAVA: 2017-A-0288-S