Scientific Linux セキュリティ更新: SL7.xのtomcat(noarch)(20170802)

high Nessus プラグイン ID 102664

概要

リモートのScientific Linuxホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

次のパッケージが新しいアップストリームバージョンにアップグレードされました:
tomcat(7.0.76)

セキュリティ修正プログラム:

- 入力されたユーザー名が存在しない場合、Realmの実装は入力されたパスワードを処理しませんでした。これにより、有効なユーザー名を決定するタイミング攻撃が可能になりました。デフォルトの構成には、この脆弱性の悪用を困難にするLockOutRealmが含まれています。(CVE-2016-0762)

- 悪意のあるWebアプリケーションが、Webアプリケーションにアクセス可能なTomcatユーティリティメソッドを介して、設定されたSecurityManagerをバイパスする可能性があることがわかりました。
(CVE-2016-5018)

- SecurityManagerが設定されているときに、構成ファイル用のTomcatのシステムプロパティ置換機能が悪意のあるWebアプリケーションによって使用され、SecurityManagerをバイパスし、本来表示されるべきではないシステムプロパティを読み取ることが発見されました。
(CVE-2016-6794)

- 悪意のあるWebアプリケーションが、JSP Servletの構成パラメーターを操作して設定されたSecurityManagerをバイパスする可能性があることがわかりました。
(CVE-2016-6796)

- 明示的なResourceLinkが設定されているかどうかに関係なく、Webアプリケーションが任意のグローバルJNDIリソースにアクセスする可能性があることがわかりました。
(CVE-2016-6797)

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?a41e7848

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 102664

ファイル名: sl_20170802_tomcat_on_SL7_x.nasl

バージョン: 3.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/8/22

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:N

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:N

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:tomcat, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:tomcat-admin-webapps, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:tomcat-docs-webapp, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:tomcat-el-2.2-api, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:tomcat-javadoc, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:tomcat-jsp-2.2-api, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:tomcat-jsvc, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:tomcat-lib, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:tomcat-servlet-3.0-api, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:tomcat-webapps, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2017/8/2

脆弱性公開日: 2017/8/10

参照情報

CVE: CVE-2016-0762, CVE-2016-5018, CVE-2016-6794, CVE-2016-6796, CVE-2016-6797