Scientific Linux セキュリティ更新: SL7.x x86_64のhttpde(20170815)

critical Nessus プラグイン ID 102668

概要

リモートのScientific Linuxホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

セキュリティ修正プログラム:

- httpdのmod_auth_digestモジュールが、ダイジェスト認証に関連する特定のヘッダーを処理するときに、メモリを適切に初期化せずに使用していることがわかりました。リモートの攻撃者がこの欠陥を使用し、特別に細工されたリクエストをサーバーに送信して秘密情報を漏洩させたり、httpdの子プロセスをクラッシュさせたりする可能性があります。(CVE-2017-9788)

- httpdのap_get_basic_auth_pw() API関数を認証フェーズ以外で使用すると、認証バイパスが発生する可能性があることがわかりました。httpdで使用されているモジュールの1つでAPIが不適切に使用された場合、リモートの攻撃者がこの欠陥を利用して、必要な認証をバイパスする可能性があります。
(CVE-2017-3167)

- NULLポインターデリファレンスの欠陥が、mod_cache httpdモジュールで見つかりました。リモートの攻撃者がこの欠陥を使用して、httpdによって使用される別のモジュールがHTTPSリクエストの処理中に特定のAPI関数を呼び出した場合に、httpdの子プロセスをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2017-3169)

- バッファオーバーリードの欠陥が、httpdのap_find_token()関数で見つかりました。リモートの攻撃者がこの欠陥を利用して、特別に細工されたHTTPリクエストを介してhttpd子プロセスをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2017-7668)

- バッファオーバーリードの欠陥が、httpdのmod_mimeモジュールで見つかりました。httpdのMIME設定を変更できるユーザーがこの欠陥を利用して、httpd子プロセスをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2017-7679)

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?b532292f

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 102668

ファイル名: sl_20170815_httpd_on_SL7_x.nasl

バージョン: 3.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/8/22

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:httpd, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:httpd-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:httpd-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:httpd-manual, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:httpd-tools, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:mod_ldap, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:mod_proxy_html, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:mod_session, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:mod_ssl, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2017/8/15

脆弱性公開日: 2017/6/20

参照情報

CVE: CVE-2017-3167, CVE-2017-3169, CVE-2017-7668, CVE-2017-7679, CVE-2017-9788