RHEL 6:MRG(RHSA-2017:2669)

high Nessus プラグイン ID 103046
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 9

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

kernel-rtの更新プログラムが、Red Hat Enterprise MRG 2で利用可能になりました。Red Hat製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高と評価しています。詳細な重要度評価を示すCVSS(共通脆弱性評価システム)ベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに入手できます。kernel-rtパッケージは、リアルタイムLinuxカーネルを提供します。これにより、適切に設定することが要求されるシステムの微調整が可能になります。セキュリティ修正プログラム:* v3.14-rc1からv4.12までのLinuxカーネルで競合状態が検出されました。同じファイルに対してリネームの操作が行われている間に、inotify_handle_event()とvfs_rename()のスレッドで競合が発生します。この競合の結果、次のスラブデータまたはスラブのフリーリストポインターが攻撃者の制御したデータで破損し、権限昇格が発生する可能性があります。(CVE-2017-7533、重要度高)* NFSv4 pNFS LAYOUTGETおよびGETDEVICEINFOオペランドを処理するときに、LinuxカーネルのNFSv4サーバーがレイアウトタイプを適切に検証していないことが見つかりました。リモートの攻撃者はこの欠陥を利用してシステムをソフトロックアップし、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-8797、重要度高)この更新プログラムは、次に示す複数の重要度中および重要度低のセキュリティ問題も修正します:CVE-2017-8797 CVE-2015-8839 CVE-2016-9576 CVE-2016-7042 CVE-2016-7097 CVE-2016-8645 CVE-2016-9576 CVE-2016-9806 CVE-2016-10088 CVE-2017-2671 CVE-2017-5970 CVE-2017-6001 CVE-2017-6951 CVE-2017-7187 CVE-2017-7889 CVE-2017-8890 CVE-2017-9074 CVE-2017-8890 CVE-2017-9075 CVE-2017-8890 CVE-2017-9076 CVE-2017-8890 CVE-2017-9077 CVE-2016-9604 CVE-2016-9685これらの問題のドキュメントは、「参照」セクションにリンクされているテクニカルノートのドキュメントから入手できます。Red Hatは、CVE-2017-7533を報告してくれたLeilei Lin氏(Alibaba Group)、Fan Wu氏(香港大学)、Shixiong Zhao氏(香港大学)、およびCVE-2016-8645を報告してくれたMarco Grassi氏に感謝の意を表します。CVE-2016-7042の問題はOndrej Kozina氏(Red Hat)によって発見されました。CVE-2016-7097の問題はAndreas Gruenbacher氏(Red Hat)とJan Kara氏(SUSE)によって発見されました。CVE-2016-9604の問題はDavid Howells氏(Red Hat)によって発見されました。CVE-2016-9685の問題はQian Cai氏(Red Hat)によって発見されました。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/articles/3173821

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2017:2669

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-8839

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-7042

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-7097

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-8645

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-9576

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-9604

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-9685

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-9806

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-10088

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-10741

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-2671

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-5551

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-5970

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-6001

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-6951

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-7187

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-7495

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-7533

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-7889

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-8797

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-8890

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-9074

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-9075

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-9076

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-9077

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 103046

ファイル名: redhat-RHSA-2017-2669.nasl

バージョン: 3.13

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/9/8

更新日: 2019/10/24

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

リスクファクター: High

VPR スコア: 9

CVSS v2.0

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.1

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-firmware, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-vanilla, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-vanilla-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-vanilla-devel, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/9/6

脆弱性公開日: 2016/5/2

参照情報

CVE: CVE-2015-8839, CVE-2016-10088, CVE-2016-10741, CVE-2016-7042, CVE-2016-7097, CVE-2016-8645, CVE-2016-9576, CVE-2016-9604, CVE-2016-9685, CVE-2016-9806, CVE-2017-2671, CVE-2017-5551, CVE-2017-5970, CVE-2017-6001, CVE-2017-6951, CVE-2017-7187, CVE-2017-7495, CVE-2017-7533, CVE-2017-7889, CVE-2017-8797, CVE-2017-8890, CVE-2017-9074, CVE-2017-9075, CVE-2017-9076, CVE-2017-9077

RHSA: 2017:2669