VMware Workstation 12.x < 12.5.7の複数の脆弱性(VMSA-2017-0015)(Linux)

high Nessus プラグイン ID 103379
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートLinuxホストにインストールされている仮想化アプリケーションは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートLinuxホストにインストールされているVMware Workstationのバージョンは、12.5.7より前の12.xです。したがって、以下の複数の脆弱性による影響を受けます:- リモートでコードが実行される脆弱性がSVGAデバイス内のVMwareワークステーションにあります。ユーザーアクセス権限を持つ攻撃者がこの脆弱性を悪用し、任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2017-4924)- ゲストRPCリクエストの処理のときのNULLポインターのデリファレンスのため、VMwareワークステーションにサービス拒否の脆弱性があります。ゲストアクセス権限を持つ攻撃者がこの脆弱性を悪用し、VMをクラッシュさせる可能性があります。注意:この脆弱性の影響を受けるのは、VMware Workstation 12.5.2以降のみです。(CVE-2017-4925)

ソリューション

VMware Workstationバージョン12.5.7以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.vmware.com/security/advisories/VMSA-2017-0015.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 103379

ファイル名: vmware_workstation_linux_vmsa_2017_0015.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: unix

ファミリー: General

公開日: 2017/9/21

更新日: 2020/9/21

依存関係: vmware_workstation_linux_installed.nbin

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2017-4924

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.5

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:vmware:workstation

必要な KB アイテム: Host/VMware Workstation/Version, Settings/ParanoidReport

除外される KB アイテム: SMB/Registry/Enumerated

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/9/14

脆弱性公開日: 2017/3/9

参照情報

CVE: CVE-2017-4924, CVE-2017-4925

BID: 100842, 100843

VMSA: 2017-0015