MikroTik RouterOS < 6.39.3/6.40.4/6.41rc(KRACK)

high Nessus プラグイン ID 103857

概要

リモートのネットワークデバイスは、ヒープ破損の脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョンによると、リモートのネットワークデバイスはMikroTikのバージョンの6.39.3より前の6.9.x、6.40.4より前の6.40.x、6.41rcを実行しています。したがって、WPA2ハンドシェイクプロトコルで発見された複数の脆弱性に対して脆弱です。

ソリューション

MikroTik RouterOS 6.39.3/6.40.4/6.41rc以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?db1a2125

https://forum.mikrotik.com/viewtopic.php?f=21&t=126694

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 103857

ファイル名: mikrotik_KRACK.nasl

バージョン: 1.13

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2017/10/16

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2017-13083

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.1

Temporal Score: 7.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:mikrotik:routeros

必要な KB アイテム: MikroTik/RouterOS/Version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/10/16

脆弱性公開日: 2017/10/12

参照情報

CVE: CVE-2017-13077, CVE-2017-13078, CVE-2017-13079, CVE-2017-13080, CVE-2017-13081, CVE-2017-13082, CVE-2017-13083, CVE-2017-13084, CVE-2017-13085, CVE-2017-13086, CVE-2017-13087

BID: 101274

IAVA: 2017-A-0310