Oracle GlassFish Server 3.0.1.x < 3.0.1.17/3.1.2.x < 3.1.2.18(2017年10月CPU)

high Nessus プラグイン ID 103962
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのWebサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョンによると、リモートホストで実行されているOracle GlassFish Serverは、3.0.1.17より前の3.0.1.xまたは3.1.2.18より前の3.1.2.xです。したがって、複数のサービス拒否の脆弱性や秘密データへの認証されていないアクセスなどの複数の脆弱性の影響を受けます。

ソリューション

2017年10月のOracle Critical Patch Updateアドバイザリに記載されているとおり、Oracle GlassFish Serverバージョン3.0.1.17/3.1.2.18以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?1e07fa0e

http://www.nessus.org/u?8e9f2a38

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 103962

ファイル名: glassfish_cpu_oct_2017.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2017/10/19

更新日: 2019/11/12

依存関係: glassfish_detect.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2017-10391

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.3

Temporal Score: 6.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:L

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:glassfish_server

必要な KB アイテム: www/glassfish

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/10/18

脆弱性公開日: 2016/3/10

参照情報

CVE: CVE-2016-3092, CVE-2017-10385, CVE-2017-10391, CVE-2017-10393, CVE-2017-10400

BID: 91453, 101347, 101360, 101364, 101383