openSUSEセキュリティ更新プログラム:qemu(openSUSE-2017-1249)

high Nessus プラグイン ID 104424

言語:

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

qemu のこの更新は、いくつかの問題を修正します。

これらのセキュリティの問題が修正されました:

- CVE-2017-15268: Qemuにより、リモート攻撃者が、スローデータチャネルリード操作を引き起こすことで、メモリ漏洩を発生させる可能性がありました。これはio/channel-websock.cに関連しています(bsc#1062942)。

- CVE-2017-9524: ネットワークブロックデバイス(NBD)サーバーサポートでビルドされたqemu-nbdサーバーにより、リモート攻撃者が、nbd_negotiate関数でクライアントとの通信中にすべての初期化が確実に行われることを保証できないことを利用して、サービス拒否(セグメンテーション違反およびサーバークラッシュ)を引き起こす可能性がありました。(bsc#1043808)。

- CVE-2017-15289: mode4and5の書き込み関数により、ローカルOSゲストである権限のあるユーザーが、dst計算に関連するベクトルを介して、サービス拒否(領域外書き込みアクセスとQemuプロセスのクラッシュ)を引き起こすことが可能でした(bsc#1063122)

- CVE-2017-15038: v9fs_xattrwalk関数の競合状態により、ローカルのゲストOSユーザーが拡張属性の読み取りに関連するベクトルを通じて、ホストヒープメモリから機密情報を取得できる可能性がありました(bsc#1062069)

- CVE-2017-10911: Linuxカーネルのmake_response関数により、ゲストOSユーザーが、Xenのブロックインターフェイス応答構造体で初期化されていないパディングフィールドのコピー操作を利用して、ホストOS(または他のゲストOS)のカーネルメモリから機密情報を取得できる可能性がありました(bsc#1057378)

- CVE-2017-12809: IDEディスクおよびCD/DVD-ROM Emulatorのサポートにより、ローカルゲストであるOSの権限のあるユーザーが、空のCDROMデバイスドライブをフラッシュすることで、サービス拒否(NULLポインターデリファレンスおよびQEMUプロセスのクラッシュ)を引き起こすことが可能でした(bsc#1054724)

- CVE-2017-10664: qemu-nbdはSIGPIPEを無視しませんでした。これにより、リモート攻撃者が、サーバーからクライアントへの返信試行中に接続を切断することで、サービス拒否(デーモンクラッシュ)を引き起こすことが可能でした(bsc#1046636)

- CVE-2017-10806: スタックベースのバッファオーバーフローにより、ローカルのゲストOSユーザーが、デバッグメッセージのロギングに関連するベクトルを介して、サービス拒否(QEMUプロセスのクラッシュ)を引き起こすことが可能でした(bsc#1047674)

- CVE-2017-14167: load_multiboot関数での整数オーバーフローにより、ローカルゲストOSユーザーが、細工されたマルチブートヘッダーアドレス値を介してホストで任意のコードを実行し、領域外書き込みが発生する可能性がありました(bsc#1057585)。

- CVE-2017-11434: slirp/bootp.cにあるdhcp_decode関数により、ローカルのゲストOSユーザーが、細工されたDHCPオプション文字列を介してサービス拒否(領域外読み取り)を引き起こすことが可能でした(bsc#1049381)

- CVE-2017-11334: address_space_write_continue関数により、ローカルのゲストOS権限のあるユーザーが、qemu_map_ram_ptrを利用してゲストramブロック領域にアクセスすることで、サービス拒否(領域外アクセスとゲストインスタンスのクラッシュ)を引き起こすことが可能でした(bsc#1048902)

- CVE-2017-13672: VGAディスプレイエミュレーターのサポートにより、ローカルゲストOS権限のあるユーザーが、ディスプレイ更新に関わるベクトルを介して、サービス拒否(領域外読み取りとQEMUプロセスのクラッシュ)を引き起こすことが可能でした(bsc#1056334)

以下のセキュリティ以外の問題が、修正されました。

- 未定義のマクロが原因でrpmソースからビルドできない問題を修正しました(bsc#1057966)

- kvm_stat.1ファイルの誤った権限を修正しました

- KVM lunのサイズ変更がSLES12 SP2 HV bsc#1043176で想定通りに動作しない問題を修正しました

この更新はSUSEからインポートされました:SLE-12-SP2: 更新プロジェクトを更新します。

ソリューション

影響を受けるQemuパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1043176

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1043808

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1046636

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1047674

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1048902

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1049381

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1054724

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1056334

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1057378

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1057585

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1057966

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1059369

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1062069

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1062942

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1063122

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=997358

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 104424

ファイル名: openSUSE-2017-1249.nasl

バージョン: 3.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/11/7

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.5

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-arm, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-arm-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-block-curl, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-block-curl-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-block-dmg, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-block-dmg-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-block-iscsi, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-block-iscsi-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-block-rbd, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-block-rbd-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-block-ssh, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-block-ssh-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-extra, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-extra-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-guest-agent, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-guest-agent-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-ipxe, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-kvm, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-lang, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-linux-user, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-linux-user-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-linux-user-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-ppc, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-ppc-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-s390, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-s390-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-seabios, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-sgabios, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-testsuite, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-tools, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-tools-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-vgabios, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-x86, p-cpe:/a:novell:opensuse:qemu-x86-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:42.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2017/11/7

参照情報

CVE: CVE-2017-10664, CVE-2017-10806, CVE-2017-10911, CVE-2017-11334, CVE-2017-11434, CVE-2017-12809, CVE-2017-13672, CVE-2017-14167, CVE-2017-15038, CVE-2017-15268, CVE-2017-15289, CVE-2017-9524