OracleVM 3.3:Unbreakable/etc(OVMSA-2017-0168)

high Nessus プラグイン ID 104454
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracleVMホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracleVMシステムには、重大なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチがありません:- nvme:ハードロックアップを防ぐため、dma_pool_allocの前にnvmeq-> q_lockをドロップする(Aruna Ramakrishna)[Orabug:25409587] - nvme:PM1725 HILリセットをハンドルする(Martin K. Petersen)[Orabug:26277600] - char:lp:lp_setupの整数オーバーフロー発生の可能性を修正(Willy Tarreau)[Orabug:26403940] (CVE-2017-1000363)- ALSA:timer:SNDRV_TIMER_IOCTL_SELECTでリセットされた不足しているキューインデックスを修正(Takashi Iwai)[Orabug:26403956](CVE-2017-1000380)- ALSA:timer:読み取りとioctl 間の競合を修正(Takashi Iwai)[Orabug:26403956](CVE-2017-1000380)- ALSA:timer:read/ioctl競合のNULL ポインターデリファレンスを修正(Vegard Nossum)[Orabug:26403956](CVE-2017-1000380)- ALSA:timer:不正アクセスによる負のキュー使用を修正(Takashi Iwai)[Orabug:26403956](CVE-2017-1000380)- ALSA:timer:同時読み取りでの競合を修正(Takashi Iwai)[Orabug:26403956](CVE-2017-1000380)- ALSA:timer:timer ioctlの間の競合を修正(Takashi Iwai)[Orabug:26403956](CVE-2017-1000380)- ipv6/dccp:親からipv6_mc_listを継承しない(WANG Cong)[Orabug:26404005](CVE-2017-9077)- ocfs2:vfsエントリポイントでinodeロックを取るとデッドロックの問題を修正(Eric Ren)[Orabug:26427126] - ocfs2/dlmglue:再帰的クラスタロックを回避するための追跡ロジックの準備(Eric Ren)[Orabug:26427126] - ping:適切なロックを実装する(Eric Dumazet)[Orabug:26540286](CVE-2017-2671) - aio:AIO pseudo-fs noexecをマークする(Jann Horn)[Orabug:26643598](CVE-2016-10044)- vfs:procおよびsysfs上でexectuablesを持たないようにコミットする。(Eric W. Biederman)[Orabug:26643598](CVE-2016-10044)- vfs, writeback:FS_CGROUP_WRITEBACKをSB_I_CGROUPWBに置換する(Tejun Heo)[Orabug:26643598] (CVE-2016-10044) - x86/acpi:ACPIテーブルが壊れたためにアクセスが制限されるのを防ぐ(Seunghun Han)[Orabug:26643645] (CVE-2017-11473) - sctp:親から ipv6_(mc|ac|fl)_list fromを継承しない(Eric Dumazet)[Orabug:26650883] (CVE-2017-9075) -[media] saa7164:ダブルフェッチ PCIe アクセス条件を修正(Steven Toth)[Orabug:26675142] (CVE-2017-8831) -[media] saa7164:sparse 警告を修正(Hans Verkuil)[Orabug:26675142] (CVE-2017-8831) - fs:__generic_file_splice_readがAOP_TRUNCATED_PAGEでルックアップを再試行する(Abhi Das)[Orabug:26797306] - timerfd:might cancel mechanism properを保護する(Thomas Gleixner)[Orabug:26899787] (CVE-2017-10661) - scsi:scsi_transport_iscsi:iscsi_if_rxが適切に解析しない問題を修正(Xin Long)[Orabug:26988627] (CVE-2017-14489)

ソリューション

影響を受けるkernel-uek/kernel-uek-firmwareパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?82da82bd

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 104454

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2017-0168.nasl

バージョン: 3.5

タイプ: local

公開日: 2017/11/8

更新日: 2021/1/4

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.6

Temporal Score: 6

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:vm_server:3.3

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/11/7

脆弱性公開日: 2017/2/7

参照情報

CVE: CVE-2016-10044, CVE-2017-1000363, CVE-2017-1000380, CVE-2017-10661, CVE-2017-11473, CVE-2017-14489, CVE-2017-2671, CVE-2017-8831, CVE-2017-9075, CVE-2017-9077