Oracle Linux 6/7:Unbreakable Enterprise Kernel(ELSA-2017-3640)

medium Nessus プラグイン ID 104565
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

変更点の説明:[4.1.12-103.9.4.el7uek] - thp:i_mmap_rwsem 外のvma_adjust_trans_huge()を実行(Kirill A. Shutemov)[Orabug:27026180][4.1.12-103.9.3.el7uek] - selinux:setprocattrのoff-by-oneを修正(Stephen Smalley)[Orabug:27001717] {CVE-2017-2618} {CVE-2017-2618} {CVE-2017-2618} - sysctl:proc_sys_readdirのgrab_headerによりドロップリファレンスを追加(Zhou Chengming)[Orabug:27036903] {CVE-2016-9191} {CVE-2016-9191} {CVE-2016-9191} - KEYS:負の鍵のKEYCTL_READを防止(Eric Biggers)[Orabug:27050248] {CVE-2017-12192} - IB/ipoib:sendonlyが解放中にマルチキャストグループに参加する場合(Christoph Lameter)[Orabug:27077718] - IB/ipoib:最大 mcast バックログキューを増加(Doug Ledford)[Orabug:27077718] - IB/ipoib:sendonly マルチキャスト結合がmcast グループを作成するようにする(Doug Ledford)[Orabug:27077718] - IB/ipoib:sendonly マルチキャスト結合の有効期限を切れさせる(Christoph Lameter)[Orabug:27077718] - IB/ipoib:送信失敗のみの警告を抑制する(Jason Gunthorpe)[Orabug:27077718] - IB/ipoib:送信専用マルチキャスト結合をクリーンアップする(Doug Ledford)[Orabug:27077718] - netlink:「すべての」nethsをリッスンすることを許可する(Nicolas Dichtel)[Orabug:27077944] - netlink:プライベートフラグと状態の名前を変更する(Nicolas Dichtel)[Orabug:27077944] - netns:spin_lockを使用してnsid 管理を保護する(Nicolas Dichtel)[Orabug:27077944] - netns:新規 nsid outside __peernet2id()を通知(Nicolas Dichtel)[Orabug:27077944] - netns:peernet2id()をpeernet2id_alloc()に名前変更する(Nicolas Dichtel)[Orabug:27077944] - netns:idを常にrtnl_net_fill()に提供する(Nicolas Dichtel)[Orabug:27077944] - netns:__peernet2id()のidを常に返す(Nicolas Dichtel)[Orabug:27077944] - 同時呼び出しでd_invalidateでハング/ソフトロックアップ(Al Viro)[Orabug:27052681]

ソリューション

影響を受けるUnbreakable Enterprise Kernelパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2017-3640.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 104565

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2017-3640.nasl

バージョン: 3.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/11/15

更新日: 2021/9/8

依存関係: linux_alt_patch_detect.nasl, ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2017-2618

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.9

Temporal Score: 3.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:6, cpe:/o:oracle:linux:7, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-firmware

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/11/13

脆弱性公開日: 2016/11/5

参照情報

CVE: CVE-2016-9191, CVE-2017-2618, CVE-2017-12192