Oracle Linux 6/7:Unbreakable Enterprise Kernel(ELSA-2017-3640)

medium Nessus プラグイン ID 104565

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 6/7ホストに、ELSA-2017-3640アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

-4.9.10より前の/proc/pid/attrファイルのSELinux属性をクリアするLinuxカーネルの処理に欠陥が見つかりました。このファイルへの空の(null)書き込みは、マップされていないカーネルメモリへのアクセスをシステムに試行させることでシステムをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2017-2618)

-4.8.11までのLinuxカーネル内のcgroupオフライン実装は、特定のドレイン操作を不適切に処理するため、ローカルユーザーが、細工されたアプリケーションを実行するためのコンテナ環境へのアクセスを利用することで、サービス拒否(システムハングアップ)を引き起こす可能性がありす。これは、trinityによって実証されています。(CVE-2016-9191)

-4.13.5より前のLinuxカーネルのにおけるKey Managementサブコンポーネントのsecurity/keys/keyctl.cのkeyctl_read_key関数は、所有されるものの、負にインスタンス化される可能性があるキーを適切に考慮していません。このため、ローカルユーザーが、細工されたKEYCTL_READ操作を介して、サービス拒否(OOPSおよびシステムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-12192)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2017-3640.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 104565

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2017-3640.nasl

バージョン: 3.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/11/15

更新日: 2021/9/8

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2017-2618

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.9

Temporal Score: 3.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:6, cpe:/o:oracle:linux:7, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-firmware

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/11/13

脆弱性公開日: 2016/11/5

参照情報

CVE: CVE-2016-9191, CVE-2017-2618, CVE-2017-12192