インテルマネジメントエンジンの詳細不明な複数の脆弱性(INTEL-SA-00086)

high Nessus プラグイン ID 104741

概要

リモート ホストの管理エンジンは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホスト上のインテルマネジメントエンジンは、複数のバッファオーバーフローと権限昇格の脆弱性の影響を受けます。

Intel MEの低レベルの実装により、Nessusは現時点でリモートホスト上のバージョンを識別できない場合があります。

ソリューション

ベンダーのアドバイスに従って更新されたファームウェアについては、システムOEMにお問い合わせください。

修正プログラムは以下のとおりです。
- 第6世代インテル®Core™プロセッサファミリー - インテル®ME 11.8.50.3399
- 第6世代Xシリーズインテル®CoreTMプロセッサ - インテル®ME 11.11.50.1402
- 第7世代インテル®Core™プロセッサファミリー - インテル®ME 11.8.50.3399
- 第7世代Xシリーズインテル®CoreTMプロセッサ -インテル®ME 11.11.50.1402
- 第8世代インテル®Core™プロセッサファミリー - インテル®ME 11.8.50.3399
- インテル®Xeon®プロセッサーE3-1200 v5製品ファミリー - インテル®ME 11.8.50.3399
- インテル®Xeon®プロセッサーE3-1200 v6製品ファミリー - インテル®ME 11.8.50.3399
- インテル®Xeon®プロセッサースケーラブルファミリー - インテル®ME 11.21.50.1400
-インテル®Xeon®プロセッサーWファミリー - インテル®ME 11.11.50.1402

参考資料

http://www.nessus.org/u?f5c71de3

http://www.nessus.org/u?535f3ae4

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 104741

ファイル名: wmi_INTEL-SA-00086.nbin

バージョン: 1.152

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2017/11/22

更新日: 2024/5/20

設定: パラノイドモードの有効化

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 9

現状値: 6.7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2017-5712

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 7.2

現状値: 6.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/h:intel:active_management_technology, cpe:/o:intel:active_management_technology_firmware

必要な KB アイテム: Settings/ParanoidReport, SMB/Services/Enumerated, Intel/AMT/Enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/11/20

脆弱性公開日: 2017/11/20

参照情報

CVE: CVE-2017-5705, CVE-2017-5708, CVE-2017-5711, CVE-2017-5712

BID: 101917, 101918, 101920, 101921

IAVA: 2017-A-0348