Exim < 4.89.1 メモリ解放後使用(Use-After-Free)のBDATリモートコード実行

critical Nessus プラグイン ID 104815

概要

リモートメールサーバーが、リモートコード実行の欠陥による影響を受ける可能性があります。

説明

Eximのバナーとサポートされている拡張機能によると、Eximのリモートインストールはコード実行の脆弱性の影響を受けます。Exim 4.88で導入された大きいバイナリメッセージを送信するためのBDAT SMTP verbの実装は、メモリの使用領域を誤って解放します。これにより、メモリが破損し、潜在的に攻撃者がコードを実行する可能性があります。

ソリューション

Exim 4.89.1以降、またはExim 4.90-RC3以降にアップデートしてください。アップグレードできない場合は、回避策としてExim設定を編集し、 「chunking_advertise_hosts」を空の値に設定してください。

関連情報

https://lists.exim.org/lurker/message/20171125.034842.d1d75cac.en.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 104815

ファイル名: exim_bdat_chunk_uaf.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: remote

ファミリー: SMTP problems

公開日: 2017/11/29

更新日: 2019/11/12

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2017-16943

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:exim:exim

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/11/29

脆弱性公開日: 2017/11/24

参照情報

CVE: CVE-2017-16943