Ubuntu 14.04 LTS:openjdk-7の脆弱性(USN-3497-1)

critical Nessus プラグイン ID 104846
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのUbuntuホストに1つ以上のセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

OpenJDKのスマートカードIOサブシステムが正しく状態を維持していないことがわかりました。攻撃者がこれを悪用して、信頼できないJavaアプリケーションやアプレットを特別に構築し、スマートカードにアクセスしてサンドボックスの制限を回避する可能性があります。(CVE-2017-10274)Gaston Traberg氏は、OpenJDKのシリアライゼーションコンポーネントが、逆シリアル化を実行するときに割り当てられるメモリ量を適切に制限しないことを発見しました。攻撃者がこれを悪用して、サービス拒否(メモリの枯渇)を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-10281)OpenJDKのRemote Method Invocation(RMI)コンポーネントが、参照されていないオブジェクトを適切に処理しないことがわかりました。攻撃者がこれを悪用して、信頼できないJavaアプリケーションやアプレットを特別に構築し、サンドボックスの制限を回避する可能性があります。(CVE-2017-10285)OpenJDKのHTTPUrlConnectionクラスが改行を適切に処理していないことがわかりました。攻撃者がこれを悪用して、JavaアプリケーションまたはアプレットがHTTPリクエストにヘッダーを挿入させる可能性があります。(CVE-2017-10295)Francesco Palmarini、Marco Squarcina、Mauro Tempesta、Riccardo Focardiの各氏は、OpenJDKのシリアライゼーションコンポーネントが、Java Cryptography Extension KeyStore(JCEKS)からオブジェクトを逆シリアル化するときに割り当てられるメモリの量を適切に制限しないことを発見しました。攻撃者がこれを悪用して、サービス拒否(メモリの枯渇)を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-10345)OpenJDKのHotspotコンポーネントが、invokespecial JVM命令を処理するときにローダーチェックを正しく実行しないことがわかりました。攻撃者がこれを悪用して、信頼できないJavaアプリケーションやアプレットを特別に構築し、サンドボックスの制限を回避する可能性があります。(CVE-2017-10346)Gaston Traberg氏は、OpenJDKのシリアライゼーションコンポーネントが、SimpleTimeZoneクラスで逆シリアル化を実行するときに割り当てられるメモリ量を適切に制限しないことを発見しました。攻撃者がこれを悪用して、サービス拒否(メモリの枯渇)を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-10347)OpenJDKのシリアライゼーションコンポーネントが、逆シリアル化を実行するときに割り当てられるメモリ量を適切に制限しないことがわかりました。攻撃者がこれを悪用して、サービス拒否(メモリの枯渇)を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-10348、CVE-2017-10357)OpenJDKのJAXPコンポーネントが、逆シリアル化を実行するときに割り当てられるメモリ量を適切に制限しないことがわかりました。攻撃者がこれを悪用して、サービス拒否(メモリの枯渇)を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-10349)OpenJDKのJAX-WSコンポーネントが、逆シリアル化を実行するときに割り当てられるメモリ量を適切に制限しないことがわかりました。攻撃者がこれを悪用して、サービス拒否(メモリの枯渇)を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-10350)OpenJDKのNetworkingコンポーネントが、FTPクライアントアクションでタイムアウトを適切に設定しないことがわかりました。リモートの攻撃者がこれを悪用して、サービス拒否(アプリケーションハングアップ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-10355)Francesco Palmarini、Marco Squarcina、Mauro Tempesta、Riccardo Focardi、Tobias Ospeltの各氏は、OpenJDKのSecurityコンポーネントがキーストアのパスワードベースの暗号化キーを十分に保護していないことを発見しました。攻撃者がこれを悪用して、秘密情報を漏えいさせる可能性があります。(CVE-2017-10356)Jeffrey Altman氏は、OpenJDKのKerberosクライアントの実装がKerberosチケットの認証されていない部分を誤って信頼することを発見しました。リモートの攻撃者はこれを悪用して、信頼できるネットワークサービスを偽装したり、他の攻撃を実行したりする可能性があります。(CVE-2017-10388)注意:Tenable Network Securityは、前述の説明ブロックをUbuntuセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/3497-1/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 104846

ファイル名: ubuntu_USN-3497-1.nasl

バージョン: 3.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2017/11/29

更新日: 2019/9/18

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.5

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.6

Temporal Score: 8.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:icedtea-7-jre-jamvm, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:openjdk-7-jre, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:openjdk-7-jre-headless, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:openjdk-7-jre-lib, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:openjdk-7-jre-zero, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:14.04

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/11/29

脆弱性公開日: 2017/10/19

参照情報

CVE: CVE-2017-10274, CVE-2017-10281, CVE-2017-10285, CVE-2017-10295, CVE-2017-10345, CVE-2017-10346, CVE-2017-10347, CVE-2017-10348, CVE-2017-10349, CVE-2017-10350, CVE-2017-10355, CVE-2017-10356, CVE-2017-10357, CVE-2017-10388

USN: 3497-1