Huawei HG532eホームゲートウェイのコマンドインジェクション

high Nessus プラグイン ID 105158

概要

リモートデバイスでオペレーティングシステムのコマンドを実行する可能性があります。

説明

リモートホストはHuawei Home Gatewayデバイスを使用しており、リモートの子マントインジェクションの脆弱性があります。

ソリューション

このデバイスがファイアウォールでパブリックアクセスを制限していることを確認し、ベンダーの最新パッチを適用してください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?a20e8d46

http://www.nessus.org/u?bff5fad8

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 105158

ファイル名: huawei_cmd_exec.nbin

バージョン: 1.67

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2017/12/11

更新日: 2024/5/20

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 6.5

現状値: 5.7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:S/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2017-17215

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 8.8

現状値: 8.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: x-cpe:/o:huawei:hg532e

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

脆弱性公開日: 2017/11/30

参照情報

CVE: CVE-2017-17215

BID: 102344

CWE: 170, 573