SUSE SLES12セキュリティ更新プログラム:java-1_7_1-ibm(SUSE-SU-2017:3455-1)

critical Nessus プラグイン ID 105506

Language:

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

java-1_7_1-ibm用のこの更新プログラムでは、以下の問題を修正します:

- バージョン7.1.4.15へのセキュリティ更新(bsc#1070162)。

- CVE-2017-10349:Java SE、Java SE Embedded、Oracle Java SEのJRockitコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:シリアル化)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE:6u161、7u151、8u144および9;
Java SE Embedded:8u144; JRockit:R28.3.15. 悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embedded、JRockitを侵害する可能性があります。この攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embedded、JRockitの部分的なサービス拒否(部分的DOS)が権限なしで引き起こされる可能性があります。注:この脆弱性は、サンドボックス化されたJava Web StartアプリケーションとJavaアプレットを通じて悪用される可能性があります。また、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションやサンドボックス化されたJavaアプレットを、たとえばWebサービス経由で使用せずに、指定されたコンポーネントのAPIにデータを提供することでも悪用される可能性があります。
CVSS 3.0 ベーススコア 3.1(可用性に影響)CVSS Vector:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:L)。」

- CVE-2017-10348:Java SE、Java SE Embedded、Oracle Java SEのJRockitコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:シリアル化)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE:6u161、7u151、8u144および9;
Java SE Embedded:8u144; JRockit:R28.3.15. 悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embedded、JRockitを侵害する可能性があります。この攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embedded、JRockitの部分的なサービス拒否(部分的DOS)が権限なしで引き起こされる可能性があります。注:この脆弱性は、サンドボックス化されたJava Web StartアプリケーションとJavaアプレットを通じて悪用される可能性があります。また、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションやサンドボックス化されたJavaアプレットを、たとえばWebサービス経由で使用せずに、指定されたコンポーネントのAPIにデータを提供することでも悪用される可能性があります。
CVSS 3.0 ベーススコア 3.1(可用性に影響)CVSS Vector:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:L)。」

- CVE-2017-10388:Java SE、Java SE Embedded、Oracle Java SEのJRockitコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:シリアル化)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE:6u161、7u151、8u144および9;
Java SE Embedded:8u144; JRockit:R28.3.15. 悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embedded、JRockitを侵害する可能性があります。この攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embedded、JRockitの部分的なサービス拒否(部分的DOS)が権限なしで引き起こされる可能性があります。注:この脆弱性は、サンドボックス化されたJava Web StartアプリケーションとJavaアプレットを通じて悪用される可能性があります。また、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションやサンドボックス化されたJavaアプレットを、たとえばWebサービス経由で使用せずに、指定されたコンポーネントのAPIにデータを提供することでも悪用される可能性があります。
CVSS 3.0 ベーススコア 3.1(可用性に影響)CVSS Vector:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:L)。」

- CVE-2016-9841:Java SE、Java SE Embedded、Oracle Java SEのJRockitコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:シリアル化)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE:6u161、7u151、8u144および9;
Java SE Embedded:8u144; JRockit:R28.3.15. 悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embedded、JRockitを侵害する可能性があります。この攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embedded、JRockitの部分的なサービス拒否(部分的DOS)が権限なしで引き起こされる可能性があります。注:この脆弱性は、サンドボックス化されたJava Web StartアプリケーションとJavaアプレットを通じて悪用される可能性があります。また、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションやサンドボックス化されたJavaアプレットを、たとえばWebサービス経由で使用せずに、指定されたコンポーネントのAPIにデータを提供することでも悪用される可能性があります。
CVSS 3.0 ベーススコア 3.1(可用性に影響)CVSS Vector:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:L)。」

- CVE-2017-10293:Java SE、Java SE Embedded、Oracle Java SEのJRockitコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:シリアル化)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE:6u161、7u151、8u144および9;
Java SE Embedded:8u144; JRockit:R28.3.15. 悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embedded、JRockitを侵害する可能性があります。この攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embedded、JRockitの部分的なサービス拒否(部分的DOS)が権限なしで引き起こされる可能性があります。注:この脆弱性は、サンドボックス化されたJava Web StartアプリケーションとJavaアプレットを通じて悪用される可能性があります。また、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションやサンドボックス化されたJavaアプレットを、たとえばWebサービス経由で使用せずに、指定されたコンポーネントのAPIにデータを提供することでも悪用される可能性があります。
CVSS 3.0 ベーススコア 3.1(可用性に影響)CVSS Vector:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:L)。」

- CVE-2017-10345:Java SE、Java SE Embedded、Oracle Java SEのJRockitコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:シリアル化)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE:6u161、7u151、8u144および9;
Java SE Embedded:8u144; JRockit:R28.3.15. 悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embedded、JRockitを侵害する可能性があります。この攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embedded、JRockitの部分的なサービス拒否(部分的DOS)が権限なしで引き起こされる可能性があります。注:この脆弱性は、サンドボックス化されたJava Web StartアプリケーションとJavaアプレットを通じて悪用される可能性があります。また、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションやサンドボックス化されたJavaアプレットを、たとえばWebサービス経由で使用せずに、指定されたコンポーネントのAPIにデータを提供することでも悪用される可能性があります。
CVSS 3.0 ベーススコア 3.1(可用性に影響)CVSS Vector:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:L)。」

- CVE-2017-10350:Java SE、Java SE Embedded、Oracle Java SEのJRockitコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:シリアル化)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE:6u161、7u151、8u144および9;
Java SE Embedded:8u144; JRockit:R28.3.15. 悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embedded、JRockitを侵害する可能性があります。この攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embedded、JRockitの部分的なサービス拒否(部分的DOS)が権限なしで引き起こされる可能性があります。注:この脆弱性は、サンドボックス化されたJava Web StartアプリケーションとJavaアプレットを通じて悪用される可能性があります。また、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションやサンドボックス化されたJavaアプレットを、たとえばWebサービス経由で使用せずに、指定されたコンポーネントのAPIにデータを提供することでも悪用される可能性があります。
CVSS 3.0 ベーススコア 3.1(可用性に影響)CVSS Vector:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:L)。」

- CVE-2017-10356:Java SE、Java SE Embedded、Oracle Java SEのJRockitコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:シリアル化)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE:6u161、7u151、8u144および9;
Java SE Embedded:8u144; JRockit:R28.3.15. 悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embedded、JRockitを侵害する可能性があります。この攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embedded、JRockitの部分的なサービス拒否(部分的DOS)が権限なしで引き起こされる可能性があります。注:この脆弱性は、サンドボックス化されたJava Web StartアプリケーションとJavaアプレットを通じて悪用される可能性があります。また、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションやサンドボックス化されたJavaアプレットを、たとえばWebサービス経由で使用せずに、指定されたコンポーネントのAPIにデータを提供することでも悪用される可能性があります。
CVSS 3.0 ベーススコア 3.1(可用性に影響)CVSS Vector:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:L)。」

- CVE-2017-10357:Java SE、Java SE Embedded、Oracle Java SEのJRockitコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:シリアル化)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE:6u161、7u151、8u144および9;
Java SE Embedded:8u144; JRockit:R28.3.15. 悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embedded、JRockitを侵害する可能性があります。この攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embedded、JRockitの部分的なサービス拒否(部分的DOS)が権限なしで引き起こされる可能性があります。注:この脆弱性は、サンドボックス化されたJava Web StartアプリケーションとJavaアプレットを通じて悪用される可能性があります。また、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションやサンドボックス化されたJavaアプレットを、たとえばWebサービス経由で使用せずに、指定されたコンポーネントのAPIにデータを提供することでも悪用される可能性があります。
CVSS 3.0 ベーススコア 3.1(可用性に影響)CVSS Vector:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:L)。」

- CVE-2017-10347:Java SE、Java SE Embedded、Oracle Java SEのJRockitコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:シリアル化)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE:6u161、7u151、8u144および9;
Java SE Embedded:8u144; JRockit:R28.3.15. 悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embedded、JRockitを侵害する可能性があります。この攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embedded、JRockitの部分的なサービス拒否(部分的DOS)が権限なしで引き起こされる可能性があります。注:この脆弱性は、サンドボックス化されたJava Web StartアプリケーションとJavaアプレットを通じて悪用される可能性があります。また、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションやサンドボックス化されたJavaアプレットを、たとえばWebサービス経由で使用せずに、指定されたコンポーネントのAPIにデータを提供することでも悪用される可能性があります。
CVSS 3.0 ベーススコア 3.1(可用性に影響)CVSS Vector:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:L)。」

- CVE-2017-10355:Java SE、Java SE Embedded、Oracle Java SEのJRockitコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:シリアル化)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE:6u161、7u151、8u144および9;
Java SE Embedded:8u144; JRockit:R28.3.15. 悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embedded、JRockitを侵害する可能性があります。この攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embedded、JRockitの部分的なサービス拒否(部分的DOS)が権限なしで引き起こされる可能性があります。注:この脆弱性は、サンドボックス化されたJava Web StartアプリケーションとJavaアプレットを通じて悪用される可能性があります。また、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションやサンドボックス化されたJavaアプレットを、たとえばWebサービス経由で使用せずに、指定されたコンポーネントのAPIにデータを提供することでも悪用される可能性があります。
CVSS 3.0 ベーススコア 3.1(可用性に影響)CVSS Vector:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:L)。」

- CVE-2017-10285:Java SE、Java SE Embedded、Oracle Java SEのJRockitコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:シリアル化)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE:6u161、7u151、8u144および9;
Java SE Embedded:8u144; JRockit:R28.3.15. 悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embedded、JRockitを侵害する可能性があります。この攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embedded、JRockitの部分的なサービス拒否(部分的DOS)が権限なしで引き起こされる可能性があります。注:この脆弱性は、サンドボックス化されたJava Web StartアプリケーションとJavaアプレットを通じて悪用される可能性があります。また、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションやサンドボックス化されたJavaアプレットを、たとえばWebサービス経由で使用せずに、指定されたコンポーネントのAPIにデータを提供することでも悪用される可能性があります。
CVSS 3.0 ベーススコア 3.1(可用性に影響)CVSS Vector:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:L)。」

- CVE-2017-10281:Java SE、Java SE Embedded、Oracle Java SEのJRockitコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:シリアル化)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE:6u161、7u151、8u144および9;
Java SE Embedded:8u144; JRockit:R28.3.15. 悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embedded、JRockitを侵害する可能性があります。この攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embedded、JRockitの部分的なサービス拒否(部分的DOS)が権限なしで引き起こされる可能性があります。注:この脆弱性は、サンドボックス化されたJava Web StartアプリケーションとJavaアプレットを通じて悪用される可能性があります。また、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションやサンドボックス化されたJavaアプレットを、たとえばWebサービス経由で使用せずに、指定されたコンポーネントのAPIにデータを提供することでも悪用される可能性があります。
CVSS 3.0 ベーススコア 3.1(可用性に影響)CVSS Vector:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:L)。」

- CVE-2017-10295:Java SE、Java SE Embedded、Oracle Java SEのJRockitコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:シリアル化)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE:6u161、7u151、8u144および9;
Java SE Embedded:8u144; JRockit:R28.3.15. 悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embedded、JRockitを侵害する可能性があります。この攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embedded、JRockitの部分的なサービス拒否(部分的DOS)が権限なしで引き起こされる可能性があります。注:この脆弱性は、サンドボックス化されたJava Web StartアプリケーションとJavaアプレットを通じて悪用される可能性があります。また、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションやサンドボックス化されたJavaアプレットを、たとえばWebサービス経由で使用せずに、指定されたコンポーネントのAPIにデータを提供することでも悪用される可能性があります。
CVSS 3.0 ベーススコア 3.1(可用性に影響)CVSS Vector:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:L)。」

- CVE-2017-10346:Java SE、Java SE Embedded、Oracle Java SEのJRockitコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:シリアル化)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE:6u161、7u151、8u144および9;
Java SE Embedded:8u144; JRockit:R28.3.15. 悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embedded、JRockitを侵害する可能性があります。この攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embedded、JRockitの部分的なサービス拒否(部分的DOS)が権限なしで引き起こされる可能性があります。注:この脆弱性は、サンドボックス化されたJava Web StartアプリケーションとJavaアプレットを通じて悪用される可能性があります。また、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションやサンドボックス化されたJavaアプレットを、たとえばWebサービス経由で使用せずに、指定されたコンポーネントのAPIにデータを提供することでも悪用される可能性があります。
CVSS 3.0 ベーススコア 3.1(可用性に影響)CVSS Vector:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:L)。」

- CVE-2016-10165:Java SE、Java SE Embedded、Oracle Java SEのJRockitコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:シリアル化)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE:6u161、7u151、8u144および9;
Java SE Embedded:8u144; JRockit:R28.3.15. 悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Java SE、Java SE Embedded、JRockitを侵害する可能性があります。この攻撃が成功するには、攻撃者以外の人物の関与が必要です。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Java SE Embedded、JRockitの部分的なサービス拒否(部分的DOS)が権限なしで引き起こされる可能性があります。注:この脆弱性は、サンドボックス化されたJava Web StartアプリケーションとJavaアプレットを通じて悪用される可能性があります。また、サンドボックス化されたJava Web Startアプリケーションやサンドボックス化されたJavaアプレットを、たとえばWebサービス経由で使用せずに、指定されたコンポーネントのAPIにデータを提供することでも悪用される可能性があります。
CVSS 3.0 ベーススコア 3.1(可用性に影響)CVSS Vector:(CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:L)。」

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

このSUSEセキュリティ更新プログラムをインストールするには、YaST online_updateを使用してください。
別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE OpenStack Cloud 6:zypper in -t patch SUSE-OpenStack-Cloud-6-2017-2160=1

SUSE Linux Enterprise Software Development Kit 12-SP3:zypper in -t patch SUSE-SLE-SDK-12-SP3-2017-2160=1

SUSE Linux Enterpriseソフトウェア開発キット12-SP2:zypper in -t patch SUSE-SLE-SDK-12-SP2-2017-2160=1

SUSE Linux Enterprise Server for SAP 12-SP1:zypper in -t patch SUSE-SLE-SAP-12-SP1-2017-2160=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP3:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP3-2017-2160=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP2:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP2-2017-2160=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP1-LTSS:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP1-2017-2160=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-LTSS:zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-2017-2160=1

お使いのシステムを最新の状態にするには、「zypper パッチ」を使用してください。

参考資料

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1070162

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-10165/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-9841/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-10281/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-10285/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-10293/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-10295/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-10345/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-10346/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-10347/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-10348/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-10349/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-10350/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-10355/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-10356/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-10357/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-10388/

http://www.nessus.org/u?df214a8a

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 105506

ファイル名: suse_SU-2017-3455-1.nasl

バージョン: 3.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/1/2

更新日: 2021/1/6

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.3

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_7_1-ibm, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_7_1-ibm-alsa, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_7_1-ibm-devel, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_7_1-ibm-jdbc, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_7_1-ibm-plugin, cpe:/o:novell:suse_linux:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2017/12/29

脆弱性公開日: 2017/2/3

参照情報

CVE: CVE-2016-10165, CVE-2016-9841, CVE-2017-10281, CVE-2017-10285, CVE-2017-10293, CVE-2017-10295, CVE-2017-10345, CVE-2017-10346, CVE-2017-10347, CVE-2017-10348, CVE-2017-10349, CVE-2017-10350, CVE-2017-10355, CVE-2017-10356, CVE-2017-10357, CVE-2017-10388