Junos OS 12.1X46 SRX 210/240/650のシリーズのファイアウォール(KRACK)

medium Nessus プラグイン ID 105653
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

デバイスはKey Reinstallation Attacks(KRACK)に対して脆弱です。

説明

リモートホストにインストールされているJuniper Junos OSのバージョンは、KRACK攻撃に関連する複数の脆弱性の影響を受けます。これにより、攻撃者がWPA2の暗号化ネットワークで一部のフレームを復号、再生、偽造する可能性があります。Juniper製品はFast BSS Transition ReassociationおよびPeerKey Handshakeをサポートしていないため、CVE-2017-13082、CVE-2017-13084、CVE-2017-13086、CVE-2017-13087、CVE-2017-13088の脆弱性の影響を受けません。

ソリューション

すべてのWi-Fi構成を無効にし、すべてのポートをAX411アクセスポイントに設定します。ソリューションおよび軽減オプションについては、ベンダーアドバイザリを参照してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?a379f4f4

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 105653

ファイル名: juniper_jsa10827_krack.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: combined

ファミリー: Firewalls

公開日: 2018/1/8

更新日: 2020/6/9

依存関係: junos_version.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2017-13077

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.4

Temporal Score: 4

ベクトル: AV:A/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:A/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:juniper:junos

必要な KB アイテム: Host/Juniper/JUNOS/Version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/10/16

脆弱性公開日: 2017/10/12

参照情報

CVE: CVE-2017-13077, CVE-2017-13078, CVE-2017-13079, CVE-2017-13080, CVE-2017-13081

BID: 101274

IAVA: 2017-A-0310