PowerDNS Recursor < 4.0.7のAPI設定インジェクションの脆弱性(CVE-2017-15093)

medium Nessus プラグイン ID 106194

概要

リモートのネームサーバーは、設定インジェクションの脆弱性による影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョン番号によると、リモートホストでリッスンしているPowerDNS Recursorは、4.0.7より前のバージョンです。したがって、リモートの認証されたユーザーがAPIを介して追加の設定ディレクティブをインジェクションする可能性がある脆弱性の影響を受けます。注意:Nessusはこれらの問題を利用しておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。また、Nessus がパッチの存在をチェックしていませんでした。

ソリューション

PowerDNS Recursor 4.0.7以降にアップグレードしてください。または、ベンダーのアドバイザリで言及されているパッチを適用してください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?d99c3923

http://www.nessus.org/u?9ad28007

https://seclists.org/oss-sec/2017/q4/329

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 106194

ファイル名: powerdns_recursor_4_0_7_2017-06.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: remote

ファミリー: DNS

公開日: 2018/1/19

更新日: 2019/11/8

設定: パラノイドモードの有効化

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 3.5

Temporal Score: 2.6

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:S/C:N/I:P/A:N

CVSS スコアのソース: CVE-2017-15093

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.3

Temporal Score: 4.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:powerdns:powerdns, cpe:/a:powerdns:recursor

必要な KB アイテム: Settings/ParanoidReport, pdns/version_full, pdns/version_source, pdns/type

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2017/11/27

脆弱性公開日: 2017/11/27

参照情報

CVE: CVE-2017-15093

BID: 101982