FreeBSD:MySQL -- 複数の脆弱性(e3445736-fd01-11e7-ac58-b499baebfeaf)

high Nessus プラグイン ID 106216

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのFreeBSDホストに1つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

Oracle による報告:

すべての脆弱性が、サーバーおよびクライアントのすべてのフレーバー/バージョンに関連するわけではありません

- 脆弱性により、権限が低い攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。GIS:
CVE-2018-2573、CVE-2018-2622DDL、オプティマイザー: CVE-2018-2640、CVE-2018-2665、CVE-2018-2668、セキュリティ:権限: CVE-2018-2703、パーティション: CVE-2018-2562。

- 脆弱性により、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。
InnoDB: CVE-2018-2565、CVE-2018-2612 DML: CVE-2018-2576、CVE-2018-2646、ストアドプロシージャ: CVE-2018-2583、パフォーマンススキーマ:
CVE-2018-2590、パーティション: CVE-2018-2591、オプティマイザー: CVE-2018-2600、CVE-2018-2667、セキュリティ:権限: CVE-2018-2696、レプリケーション:
CVE-2018-2647.

- 脆弱性により、攻撃者は権限が低くても高くても、複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、権限がなくてもデータや重要データを作成、削除、変更、またはアクセスしてMySQL Serverを侵害する可能性があります。InnoDB: CVE-2018-2612、パフォーマンススキーマ:
CVE-2018-2645、レプリケーション: CVE-2018-2647、パーティション: CVE-2018-2562。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?db190281

https://mariadb.com/kb/en/library/mariadb-5559-release-notes/

http://www.nessus.org/u?852ea270

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 106216

ファイル名: freebsd_pkg_e3445736fd0111e7ac58b499baebfeaf.nasl

バージョン: 3.5

タイプ: local

公開日: 2018/1/22

更新日: 2019/7/10

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:freebsd:freebsd:*:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:freebsd:freebsd:mysql56-server:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:freebsd:freebsd:mysql57-server:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:freebsd:freebsd:mariadb101-server:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:freebsd:freebsd:mariadb102-server:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:freebsd:freebsd:mariadb55-server:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:freebsd:freebsd:percona55-server:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:freebsd:freebsd:percona56-server:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:freebsd:freebsd:percona57-server:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:freebsd:freebsd:mariadb100-server:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:freebsd:freebsd:mysql55-server:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

パッチ公開日: 2018/1/19

脆弱性公開日: 2017/1/18

参照情報

CVE: CVE-2018-2562, CVE-2018-2622, CVE-2018-2640, CVE-2018-2665, CVE-2018-2668, CVE-2018-2612, CVE-2018-2565, CVE-2018-2573, CVE-2018-2576, CVE-2018-2583, CVE-2018-2586, CVE-2018-2590, CVE-2018-2600, CVE-2018-2645, CVE-2018-2646, CVE-2018-2647, CVE-2018-2667, CVE-2018-2696, CVE-2018-2703, CVE-2018-2591