openSUSE Security Update : MozillaThunderbird (openSUSE-2018-101)

critical Nessus プラグイン ID 106430

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

このバージョン52.6へのMozilla Thunderbirdの更新では、セキュリティ問題とバグを修正します。

これらのセキュリティの問題が修正されました:

- CVE-2018-5095:エッジビルダー割り当て中のSkiaライブラリにおける整数オーバーフロー(bsc#1077291)。

- CVE-2018-5096:フォーム要素編集中のメモリ解放後使用(Use-after-free)(bsc#1077291)。

- CVE-2018-5097:XSLT中にソースドキュメントが操作される場合のメモリ解放後使用(Use-After-Free)(bsc#1077291)。

- CVE-2018-5098:フォーム入力要素の操作中のメモリ解放後使用(Use-After-Free)(bsc#1077291)。

- CVE-2018-5099:ウィジェットリスナーのメモリ解放後使用(Use-After-Free)(bsc#1077291)。

- CVE-2018-5102:HTMLメディア要素におけるメモリ解放後使用(Use-After-Free)(bsc#1077291)。

- CVE-2018-5103:マウスイベント処理中のメモリ解放後使用(Use-After-Free)(bsc#1077291)。

- CVE-2018-5104:フォントフェース操作中のメモリ解放後使用(Use-After-Free)(bsc#1077291)。

- CVE-2018-5117:右から左のテキストを左から右に揃えたURLなりすまし(bsc#1077291)。

- CVE-2018-5089:メモリの安全性に関する複数のバグ(bsc#1077291)。

これらのセキュリティの問題が修正されました:

- フィルター操作とクイックフィルター操作を含む、ローカルフォルダ内のメッセージのメッセージ本文の検索は、安定して機能していません。base64-encodeメッセージ部分でコンテンツが見つからず、非ASCIIテキストが見つからず、誤検出が見つかりました。

- 欠陥のあるメッセージ(少なくとも1つの予想されるヘッダーがありません)がIMAPフォルダには表示されませんが、モバイルデバイスには表示されます

- Calendar:numlockが有効な場合の意図しないタスクの削除

ソリューション

影響を受けるMozillaThunderbirdパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1077291

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 106430

ファイル名: openSUSE-2018-101.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/1/29

更新日: 2021/1/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:novell:opensuse:42.3:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:opensuse:mozillathunderbird:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:opensuse:mozillathunderbird-buildsymbols:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:opensuse:mozillathunderbird-debuginfo:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:opensuse:mozillathunderbird-debugsource:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:opensuse:mozillathunderbird-translations-common:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:opensuse:mozillathunderbird-translations-other:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:opensuse:mozillathunderbird-devel:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

パッチ公開日: 2018/1/27

参照情報

CVE: CVE-2018-5089, CVE-2018-5095, CVE-2018-5096, CVE-2018-5097, CVE-2018-5098, CVE-2018-5099, CVE-2018-5102, CVE-2018-5103, CVE-2018-5104, CVE-2018-5117