pfSense < 2.3の複数の脆弱性(SA-16_01-SA-16_02)

critical Nessus プラグイン ID 106499

概要

リモートのファイアウォールホストは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョン番号によると、リモートのpfSenseのインストールは2.3より前です。したがって、複数の脆弱性による影響を受けます。

ソリューション

pfSenseをバージョン2.3以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://doc.pfsense.org/index.php/2.3_New_Features_and_Changes

http://www.nessus.org/u?b03b53c4

http://www.nessus.org/u?b296df96

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 106499

ファイル名: pfsense_SA-16_02.nasl

バージョン: 1.13

タイプ: remote

ファミリー: Firewalls

公開日: 2018/1/31

更新日: 2019/11/8

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.3

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2016-0799

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:pfsense:pfsense, cpe:/a:bsdperimeter:pfsense

必要な KB アイテム: Host/pfSense

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/4/1

脆弱性公開日: 2016/4/1

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (pfSense authenticated graph status RCE)

参照情報

CVE: CVE-2015-3197, CVE-2015-5300, CVE-2015-7973, CVE-2015-7974, CVE-2015-7975, CVE-2015-7976, CVE-2015-7977, CVE-2015-7978, CVE-2015-7979, CVE-2015-8138, CVE-2015-8139, CVE-2015-8140, CVE-2015-8158, CVE-2016-0702, CVE-2016-0703, CVE-2016-0704, CVE-2016-0705, CVE-2016-0777, CVE-2016-0778, CVE-2016-0797, CVE-2016-0798, CVE-2016-0799, CVE-2016-0800, CVE-2016-1879, CVE-2016-1882, CVE-2016-1885, CVE-2016-10709

BID: 77312, 80695, 80698, 80704, 80754, 81811, 81814, 81815, 81816, 81959, 81960, 81962, 81963, 82102, 82105, 82237, 83705, 83733, 83743, 83754, 83755, 83763, 83764

CERT: 583776, 718152

EDB-ID: 39570

FreeBSD: SA-16:01.sctp, SA-16:02.ntp, SA-16:05.tcp, SA-16:07.openssh, SA-16:09.ntp, SA-16:11.openssl, SA-16:12.openssl, SA-16:15.sysarch