Oracle WebCenter Portalの複数の脆弱性(2018年1月CPU)

high Nessus プラグイン ID 106759

概要

リモートホストにインストールされているアプリケーションサーバーは、複数の脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされているOracle WebCenter Portalのバージョンには、2018年1月のCritical Patch Update(CPU)からのセキュリティパッチがありません。したがって、複数の脆弱性の影響を受けます。

-Oracle PeopleSoft製品のPeopleSoft Enterprise HCM Human Resourcesコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:インストール(Bouncy Castle Javaパッケージ))。
サポートされているバージョンで影響を受けるのは、9.1および9.2です。
ネットワークアクセス権を持つ認証されていない攻撃者がこの脆弱性を悪用し、HTTPを介してPeopleSoft Enterprise HCM Human Resourcesを侵害する可能性があります。
この脆弱性に対する攻撃が成功すると、PeopleSoft Enterprise HCM Human Resourcesがアクセスできるサブセットのデータが、権限なしで読み取りアクセスされる可能性があります。
(CVE-2015-7940)

- Oracle Fusion MiddlewareのOracle WebCenter Portalコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:セキュリティフレームワーク(Apache Struts 1))。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、11.1.1.9.0、12.2.1.2.0、12.2.1.3.0です。ネットワークアクセス権を持つ認証されていない攻撃者がこの脆弱性を悪用し、HTTPを介してOracle WebCenter Portalを侵害する可能性があります。この脆弱性の攻撃が成功すると、Oracle Web Portalがアクセスできるデータの一部に対する更新、挿入、または削除アクセスなどの、Oracle WebCenter Portalの完全なサービス拒否が発生する可能性があります。(CVE-2016-1182)

- Oracle Fusion MiddlewareのOracle WebCenter Portalコンポーネントの脆弱性(サブコンポーネント:WebCenter Spacesアプリケーション)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、11.1.1.9.0、12.2.1.2.0、12.2.1.3.0です。ネットワークアクセス権を持つ認証されていない攻撃者がこの脆弱性を悪用し、HTTPを介してOracle WebCenter Portalを侵害する可能性があります。
攻撃を成功させるには、人間との相互作用が効果的であることが必要であり、その結果、Oracle WebCenter Portalデータへの不正な作成、削除、または変更アクセスが発生する可能性があります。
(CVE-2018-2713)

ソリューション

2018年1月のOracle Critical Patch Updateアドバイザリに従い、適切なパッチを適用してください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?ae82f1b1

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 106759

ファイル名: oracle_webcenter_portal_cpu_jan_2018.nbin

バージョン: 1.105

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2018/2/12

更新日: 2024/6/13

設定: 徹底したチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 6.4

現状値: 4.7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2016-1182

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 8.2

現状値: 7.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:fusion_middleware

必要な KB アイテム: installed_sw/Oracle WebCenter Portal

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/1/19

脆弱性公開日: 2018/1/16

参照情報

CVE: CVE-2015-7940, CVE-2016-1182, CVE-2018-2713

BID: 79091, 91067, 102550