GLSA-201802-03:Mozilla Firefox:複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 106884
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのGentooホストに1つ以上のセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

リモートホストは、GLSA-201802-03(Mozilla Firefox:複数の脆弱性)で説明されている脆弱性に影響されています。複数の脆弱性がMozilla Firefoxで発見されています。詳細については、記載されているCVE識別番号を参照してください。影響:リモートの攻撃者が、ユーザーを誘導して特別に細工されたWebページを表示させる可能性があります。その結果、プロセスの権限で任意のコードが実行されたり、サービス拒否状態が引き起こされたりする可能性があります。さらに、リモートの攻撃者が、中間者攻撃を実行し、機密情報を取得し、アドレスバーを偽装し、クリックジャッキング攻撃を実施し、セキュリティ制限および保護メカニズムをバイパスし、その他の特定されていない影響を及ぼすことがあります。回避策:現時点では、既知の回避策はありません。

ソリューション

Mozilla Firefox の全ユーザーは、最新バージョンにアップグレードする必要があります: # emerge --sync # emerge --ask --oneshot --verbose '>=www-client/firefox-52.6.0' Mozilla Firefox バイナリの全ユーザーは、最新バージョンにアップグレードする必要があります: # emerge --sync # emerge --ask --oneshot --verbose '>=www-client/firefox-bin-52.6.0'

関連情報

https://security.gentoo.org/glsa/201802-03

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 106884

ファイル名: gentoo_GLSA-201802-03.nasl

バージョン: 3.5

タイプ: local

公開日: 2018/2/20

更新日: 2020/9/28

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:gentoo:linux:firefox, p-cpe:/a:gentoo:linux:firefox-bin, cpe:/o:gentoo:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Gentoo/release, Host/Gentoo/qpkg-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/2/20

脆弱性公開日: 2016/9/21

参照情報

CVE: CVE-2016-10195, CVE-2016-10196, CVE-2016-10197, CVE-2016-6354, CVE-2017-5429, CVE-2017-5432, CVE-2017-5433, CVE-2017-5434, CVE-2017-5435, CVE-2017-5436, CVE-2017-5437, CVE-2017-5438, CVE-2017-5439, CVE-2017-5440, CVE-2017-5441, CVE-2017-5442, CVE-2017-5443, CVE-2017-5444, CVE-2017-5445, CVE-2017-5446, CVE-2017-5447, CVE-2017-5448, CVE-2017-5459, CVE-2017-5460, CVE-2017-5461, CVE-2017-5462, CVE-2017-5464, CVE-2017-5465, CVE-2017-5469, CVE-2017-5470, CVE-2017-5472, CVE-2017-7749, CVE-2017-7750, CVE-2017-7751, CVE-2017-7752, CVE-2017-7753, CVE-2017-7754, CVE-2017-7756, CVE-2017-7757, CVE-2017-7758, CVE-2017-7764, CVE-2017-7771, CVE-2017-7772, CVE-2017-7773, CVE-2017-7774, CVE-2017-7775, CVE-2017-7776, CVE-2017-7777, CVE-2017-7778, CVE-2017-7779, CVE-2017-7784, CVE-2017-7785, CVE-2017-7786, CVE-2017-7787, CVE-2017-7791, CVE-2017-7792, CVE-2017-7793, CVE-2017-7798, CVE-2017-7800, CVE-2017-7801, CVE-2017-7802, CVE-2017-7803, CVE-2017-7805, CVE-2017-7807, CVE-2017-7809, CVE-2017-7810, CVE-2017-7814, CVE-2017-7818, CVE-2017-7819, CVE-2017-7823, CVE-2017-7824, CVE-2017-7843, CVE-2017-7844, CVE-2018-5089, CVE-2018-5091, CVE-2018-5095, CVE-2018-5096, CVE-2018-5097, CVE-2018-5098, CVE-2018-5099, CVE-2018-5102, CVE-2018-5103, CVE-2018-5104, CVE-2018-5117

GLSA: 201802-03