Amazon Linux AMI:GraphicsMagick(ALAS-2018-966)

critical Nessus プラグイン ID 107237

概要

リモートのAmazon Linux AMIホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

magick/describe.cのDescribeImage関数のメモリ情報漏えい。GraphicsMagickは、ヒープベースのバッファオーバーリードにより、magick/describe.cファイルのDescribeImage関数に見つかったメモリ情報漏えいの脆弱性の影響を受けます。この脆弱性を含むコードの一部が、画像に含まれるIPTCプロファイル情報を印刷します。この脆弱性は、特別に細工されたMIFFファイルを使用してトリガーされます。特定のインクリメントがチェックされることがないため、領域外のバッファデリファレンスがあります。(CVE-2017-16353)GraphicsMagick 1.3.26には、coders/png.cのReadOneJNGImage()関数に二重解放の脆弱性があります。(CVE-2017-11139)GraphicsMagickには、coders/webp.cのWriteWEBPImageに、スタックベースのバッファオーバーリードがあり、異なる構造タイプを使用する、バージョン0.5.0以降のlibwebpの非互換性に関連します。(CVE-2017-17913)GraphicsMagick 1.3.27には、ReadBMPImage関数(coders/bmp.c)に、無限ループとアプリケーションのハングの脆弱性があります。リモートの攻撃者はこの脆弱性を利用して、細工されたビットフィールドマスク値を持つ画像ファイルを介してサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2018-5685)GraphicsMagick 1.3.26のcoders/jpeg.cのReadJPEGImage関数はスキャンラインを正常に読み取る前にピクセルキャッシュを作成します。これにより、リモートの攻撃者は、細工されたJPEGを介してサービス拒否(リソース消費)を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-11140)GraphicsMagick 1.3.26では、小さいMNGファイルに大きな長さ値を持つMENDチャンクがあるとき、coders/png.cのReadMNGImage関数に割り当てエラーの脆弱性が見つかりました。(CVE-2017-13147)GraphicsMagick 1.3.26では、幅が異なる複数のフレームを処理するとき、coders/cmyk.cのWriteCMYKImage()関数にヒープオーバーフローが起こります。(CVE-2017-11643)GraphicsMagick 1.3.26では、Magick Persistent Cache(MPC)ファイルの書き込み中にmagick/pixel_cache.cのPersistCache関数にメモリリークが起こります。(CVE-2017-11641)GraphicsMagickでは、coders/png.cのReadMNGImageにヒープベースのバッファオーバーリードが起こります。これは、制限に達しているかどうかをテストする前に1バイトアクセスすることに関連しています。(CVE-2017-17915)GraphicsMagick 1.3.27aでは、QuantumDepthが8のときに、coders/palm.cのReadPALMImageにバッファオーバーリードが起こります。(CVE-2017-17783)GraphicsMagick 1.3.27aでは、coders/png.cのReadOneJNGImageにヒープベースのバッファオーバーリードがあります。これは、oFFチャンク割り当てに関連しています。(CVE-2017-17782)GraphicsMagick 1.3.26のcoders/wpg.cにより、リモートの攻撃者がサービス拒否(ヒープベースのバッファオーバーフローやアプリケーションクラッシュ)を引き起こしたり、細工されたファイルを介して詳細不明な他の影響を与えたりする可能性があります。これは、magick/pixel_cache.cのAcquireCacheNexus関数に関連しています。(CVE-2017-16669)GraphicsMagickでは、coders/tiff.cのReadNewsProfileにヒープベースのバッファオーバーリードがあります。これにより、LocaleNCompareは割り当てられた領域を超えてヒープデータを読み込みます。(CVE-2017-17912)GraphicsMagick 1.3.26のcoders/png.cのReadOneJNGImage関数により、ゼロの長さのcolor_imageデータ構造を介したJNGの読み取り中に、リモートの攻撃者がサービス拒否(アプリケーションクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-11102)GraphicsMagick 1.3.26では、単色イメージの書き込み中に、coders/pcl.cのWritePCLImage()関数でNULLポインターのデリファレンスが起こります。(CVE-2017-11637)GraphicsMagick 1.3.26では、幅が異なる複数のフレームを処理するとき、coders/rgb.cのWriteRGBImage()関数でヒープオーバーフローが起こります。(CVE-2017-11636)

ソリューション

「yum update GraphicsMagick」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/ALAS-2018-966.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 107237

ファイル名: ala_ALAS-2018-966.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/3/9

更新日: 2019/7/10

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:GraphicsMagick, p-cpe:/a:amazon:linux:graphicsmagick-c%2b%2b, p-cpe:/a:amazon:linux:graphicsmagick-c%2b%2b-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:GraphicsMagick-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:GraphicsMagick-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:GraphicsMagick-doc, p-cpe:/a:amazon:linux:GraphicsMagick-perl, cpe:/o:amazon:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/3/8

脆弱性公開日: 2017/7/7

参照情報

CVE: CVE-2017-11102, CVE-2017-11139, CVE-2017-11140, CVE-2017-11636, CVE-2017-11637, CVE-2017-11641, CVE-2017-11643, CVE-2017-13147, CVE-2017-16353, CVE-2017-16669, CVE-2017-17782, CVE-2017-17783, CVE-2017-17912, CVE-2017-17913, CVE-2017-17915, CVE-2018-5685

ALAS: 2018-966