DCE サービスの列挙

info Nessus プラグイン ID 10736
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

DCE/RPC サービスがリモートホストで実行されています。

説明

ポートマッパー(TCP 135 または epmapper PIPE)へルックアップリクエストを送信することで、リモートポートで実行される分散コンピューティング環境(DCE)サービスを列挙できました。この情報を使用して、リモートポート/パイプに RPC リクエストを送信して、各サービスに接続してバインドすることができます。

プラグインの詳細

深刻度: Info

ID: 10736

ファイル名: dcetest.nasl

バージョン: 1.57

タイプ: combined

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2001/8/26

更新日: 2021/10/4

依存関係: cifs445.nasl

資産インベントリ: true

OS の識別: true

脆弱性情報