Webmin の検出

info Nessus プラグイン ID 10757
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

管理アプリケーションがリモートホストで実行されています。

説明

リモート Web サーバーは、Unix 用システム管理の Web ベースのインターフェースである Webmin を実行しています。

ソリューション

Webmin サービスが必要でない場合、これを停止するか、アクセスが承認されているホストに制限されていることを確認します。メニュー項目「[Webmin 構成][IP アクセスコントロール]」および/または「[Webmin 構成][ポートとアドレス]」を参照してください。

関連情報

http://www.webmin.com/

プラグインの詳細

深刻度: Info

ID: 10757

ファイル名: webmin.nasl

バージョン: 1.29

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2001/9/14

更新日: 2020/6/12

依存関係: httpver.nasl

資産インベントリ: true

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:a:webmin:webmin:*:*:*:*:*:*:*:*