DebianDSA-4135-1:samba - セキュリティ更新

high Nessus プラグイン ID 108304

概要

リモートのDebianホストにセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

Unix用のSMB/CIFSファイル、印刷、ログインサーバーであるSambaに、複数の脆弱性が発見されました。Common Vulnerabilities and Exposuresプロジェクトでは、次の問題を特定しています:

- CVE-2018-1050RPC spoolssサービスが外部デーモンとして実行されるように設定されているとき、Sambaはサービス拒否攻撃に対して脆弱であることが判明しました。

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2018-1050.html

- CVE-2018-1057Bjoern Baumbach氏は、Samba 4 AD DCでは、LDAPサーバーがLDAP上のパスワード変更許可を誤って検証するため、認証されたユーザーが管理ユーザーなどの他のユーザーのパスワードを変更する可能性があります。

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2018-1057.html

https://wiki.samba.org/index.php/CVE-2018-1057

ソリューション

sambaパッケージをアップグレードしてください。

旧安定版(oldstable)ディストリビューション(jessie)では、CVE-2018-1050は後の更新プログラムで修正されます。残念ながら、Debian旧安定版(oldstable)の修正CVE-2018-1057に必要な変更は、過度に侵入的であるためバックポートできません。
AD互換のドメインコントローラーとしてSambaを使用しているユーザーは、Samba wikiで説明されている回避策を適用し、Debian Stretchにアップグレードすることが推奨されます。

安定版(stable)ディストリビューション(stretch)では、これらの問題はバージョン2:4.5.12+dfsg-2+deb9u2で修正されています。

関連情報

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2018-1050

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2018-1050.html

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2018-1057

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2018-1057.html

https://wiki.samba.org/index.php/CVE-2018-1057

https://security-tracker.debian.org/tracker/source-package/samba

https://packages.debian.org/source/stretch/samba

https://www.debian.org/security/2018/dsa-4135

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 108304

ファイル名: debian_DSA-4135.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/3/14

更新日: 2018/11/13

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:P/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:samba, cpe:/o:debian:debian_linux:9.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

パッチ公開日: 2018/3/13

参照情報

CVE: CVE-2018-1050, CVE-2018-1057

DSA: 4135