Debian DSA-4149-1 : plexus-utils2 - security update

critical Nessus プラグイン ID 108571

概要

リモートのDebianホストにセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

Charles Duffy氏は、Plexusフレームワーク用のユーティリティのCommandlineクラスが、二重にエンコードされた文字列を十分に引用しないため、任意のシェルコマンドが実行される可能性があることを発見しました。

ソリューション

plexus-utils2パッケージをアップグレードしてください。

旧安定版(oldstable)ディストリビューション (jessie) では、この問題は、バージョン3.0.15-1+deb8u1で修正されています。

安定版(stable)ディストリビューション(stretch)では、この問題は最初のリリース前に修正されました。

関連情報

http://www.nessus.org/u?651018ed

https://packages.debian.org/source/jessie/plexus-utils2

https://www.debian.org/security/2018/dsa-4149

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 108571

ファイル名: debian_DSA-4149.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2018/3/23

更新日: 2018/11/13

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:debian:debian_linux:8.0:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:debian:debian_linux:plexus-utils2:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

パッチ公開日: 2018/3/22

参照情報

CVE: CVE-2017-1000487

DSA: 4149