PCI DSS準拠:スキャン干渉

high Nessus プラグイン ID 108714
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

以前開いていたポートが、現在は閉じているか、フィルターが適用されています。

説明

ネットワークまたはホストからの干渉により、スキャンがPCI DSSスキャン検証要件を満たすことができませんでした。このレポートは、このサーバーの認証には不十分です。ファイアウォール、IDS、その他のソフトウェアがNessusをブロックしてスキャンできない可能性があります。

ソリューション

- Nessusのスキャン設定を変更して、パフォーマンスを向上させてください。- スキャンをブロックしている可能性のあるIDSまたはファイアウォールに、Nessusスキャナーをホワイトリスト登録してください。

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 108714

ファイル名: scan_interference.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: remote

ファミリー: General

公開日: 2018/3/29

更新日: 2020/4/22

依存関係: find_service1.nasl, ssl_supported_ciphers.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: manual

CVSS スコアの根本的理由: Score from an in depth analysis done by tenable

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:L

脆弱性情報

必要な KB アイテム: Settings/PCI_DSS

除外される KB アイテム: Host/dead, Settings/PCI_DSS_local_checks