Symantec ProxySG 6.5 < 6.5.10.8/6.6 < 6.6.5.14/6.7.3 < 6.7.3.7/6.7.4 < 6.7.4.107における複数の脆弱性(SA162)

medium Nessus プラグイン ID 109035

概要

リモートデバイスは複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートのSymantec ProxySGデバイスにインストールされている自己報告されたSGOSバージョンは、6.5.10.8より前の6.5.x、6.6.5.14より前の6.6.x、6.7.3.7より前の6.7.3.x、6.7.4.107より前の6.7.4.xです。したがって、以下の複数の脆弱性による影響を受けます。- ASGとProxySG管理コンソールに無制限のファイルアップロードの脆弱性があります。悪意のあるアプライアンスの管理者が、任意の悪意のあるファイルを管理コンソールにアップロードし、別の管理者ユーザーを誘導して悪意のあるコードのダウンロードおよび実行させる可能性があります。(CVE-2016-10258)- ASGおよびProxySG管理コンソールにおけるサービス拒否(DoS)の脆弱性。リモートの攻撃者が細工されたHTTP/HTTPSリクエストを使用して、管理コンソールアプリケーションのクラッシュを介してサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2017-13677)- ASGとProxySG管理コンソールに、悪意のあるアプライアンス管理者が管理コンソールWebクライアントアプリケーションに任意のJavaScriptコードを挿入する可能性のある格納型クロスサイトスクリプティングの脆弱性があります。(CVE-2017-13678)

ソリューション

Symantec ProxySG SGOSをバージョン6.5.10.8/6.6.5.14/6.7.3.7/6.7.4.107以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?26c3b5a9

https://support.symantec.com/us/en/article.prod1629.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 109035

ファイル名: symantec_proxy_sg_SA162.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

ファミリー: Firewalls

公開日: 2018/4/13

更新日: 2020/1/7

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6

Temporal Score: 4.7

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2016-10258

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 6.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:H/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: x-cpe:/h:symantec:proxysg

必要な KB アイテム: Host/BlueCoat/ProxySG/Version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/4/10

脆弱性公開日: 2018/4/10

参照情報

CVE: CVE-2016-10258, CVE-2017-13677, CVE-2017-13678

BID: 103685